ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

私はそのために旅をする。

シャスタガイドの大半は女性なんだけど、今年はちょっぴり男性率が高い。素敵だな、うれしいな、と思う。シャスタを求めてやって来る多くの人が今やっていることと本来魂が求めていることにギャップを抱えていて、そのギャップを飛び越えたいと求めている。女性はもう耐えられない、と思ったらさっさと仕事をやめて本当に自分のやりたいことを探し出そうとする勇気を持っている人が多いけれど、男性は案外臆病で、まずは生活の為に、を優先することが多い。でも一旦シャスタに来ると、多くの人が本来の自分の魂の声に気づいて、その先の人生をしっかりと仕切り直そうと感じ始める。感じ始めると言うか、魂の声に咳かされると言うべきか・・・。だからか、今までご一緒した人達の中で、男性の変容というのは結構ドラマチックで、見ていて楽しい。今まで鎧を着ていた分、シャスタでその鎧をすっかり脱がされて身軽になって、もう鎧を着ていたもとの自分には戻れない。ほんとうにやりたかったことをやらないと魂が許してくれなくなってしまう。それは決してヒーラーになったりチャネラーになったりすることばかりではなく、社会の中で本当に好きな仕事。例えば料理人だったり保育士だったりマッサージセラピストだったり。

自分の仕事が大好きな人はどんな仕事であっても深くスピリチュアルだと思うのだ。

シャスタで人生の扉を開けていく人達に出会う為に、私はそのために旅をする。

男性諸君。そんな魂の旅を一緒にしましょ〜。
[PR]
by serendip888 | 2009-09-30 12:47 | 独り言
<< 雪化粧! 情報の真意 >>