ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

人生短い、それ急げ!

今年はいろんな方の訃報をニュースで目にします。人生ってそんなに短かったっけ?というのが正直感じるところ。病気であったり、事故であったり、自ら人生に幕を下ろすことであったり、死は歴然とやって来る。テロスのアダマさんとか、何万年も生きている人達がいるとしても、やっぱりこの現実世界で魂の入れ物としての人間の人生は短いんだなあ。人生70〜80年。母は68歳、父は76歳だから、私も後、20年、30年というところでしょうか。そう考えたら日々の生活、益々疎かに出来ない。死ぬその日まで健やかにぽっくりが理想としたら、細胞ひとつひとつの能力を十二分に活性化してあげて、死の瞬間まで体も心も魂もみずみずしくいたい。願わくばココ・シャネルのようにその日まで自分のスタイルを持って体の電池切れました、って感じで人生終わりたい。母親は63歳でALSという病気になって5年間病院の発電機によって人工的に体の電池を入れられ続けて、最後は自分の魂の意思の力で体を抜けて行ったけれど、私はなんとしても自然に自力で最後の瞬間まで人生駆け抜けたい。

もうゴールを見ながら走り抜ける人生に入ったなあ、と感じる今日この頃。でもそれゆえに人生ますます輝き楽しい☆ゴールの手前にまだまだたくさんのサプライズギフトが待っているに違いないから。

人生短い、楽しもう。
[PR]
by serendip888 | 2009-10-22 02:34 | 独り言
<< 晩秋の日本 シャスタ・ビューティー >>