ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

「天・地・人」の旅

d0050616_427356.jpg行ってきました、オークニー。しかしこの旅を魂に落として語るにはまだ時尚早と感じています。私の中で何か大きな変化を呼び起こした旅。いや、もう既に始まっていた変化を受け入れる旅、そんな旅でした。

風景を語れば、オークニーは私が想像した通りの素晴らしい癒しの地でした。スコットランドの北の果て、その昔ノルウェーの王様からスコットランドに嫁ぐ姫の婚礼のお祝いとしてプレゼントされた島々だそうな。しかしその姫は船旅の途中で亡くなってその婚礼は果たされぬまま、プレゼントの島々はそのままスコットランドの一部となったというちょっと悲しい物語。北の果てのこの諸島は一年中風が強く、高くそびえる木がほとんどない。景色はひたすら草原と海。アルプスの少女ハイジに出てくるような草原を牛や馬や羊がのんびりと生活している。夏は夜11時過ぎまで明るく、冬はお昼に一時間ほど日が出て後は暗闇なのだという。「次はノーザンライツ(オーロラ)を見に来よう」、早々とオークニーカムバック計画を企てる同行者の西浦氏と私。ふたりともこの地に前世で住んでいたことをこの地を踏んで改めて確認。そうでもなければ「オークニー」の名前を耳にすることもましてこの地を訪れることも決してなかっただろう。5千年前、私はあの石器時代に、3千年前、私はあの石造りのお城に、きっと住んでいた。そして今、あの時の記憶の片隅が少しだけ紐解かれて今ここに存在する自分の魂に語りかける。運命?謎解き?さて一体この旅の意味はなんなのだろう。旅が終わって少しずつ私の中でその答えが出てくるのかもしれない。

今回の旅の前に引いたエンジェル・カードは「Study」。カードの中で唯一、虹の女神が描かれているカードだった。勉強ね~、一体何をお勉強するのだろう、、、。あまりぴんと来なかったのだけれどこれが蓋を開けたらまさしく「お勉強」の旅となったのだった。なにしろヨーロッパ大陸は「歴史」の土地。5千年前の石器時代からルーン文字が残されていたり、宗教的儀式に使われたと思われる巨石文化が残されていたり。まさしく「智慧」の宝庫だ。私達を案内してくれたソロウェイさんご一家は素晴らしい教育者ファミリーで、朝9時から夜10時までその無尽蔵とも言える知識と叡智で私達を楽しませてくださり、彼らのその暖かいホスピタリティーに心から感謝と感動を覚える。ソロウェイ一家は私にとって究極の理想のファミリーで、オークニーに「お母さん、お父さん」と呼べる存在が出来たことが何よりもうれしい。あんな癒しの土地に住んでいる人はその存在自体、天と地のバランスの取れた癒し人に違いない。

しかしグレート・ブリテンが「龍」の国だったとは改めて驚く。5千年も前の洞窟の壁に描かれたドラゴンを初め、コインや旗にもあらゆるところにドラゴンが登場する。どうりでこの旅に導いてくれたのが西浦龍神様であるわけだ、、、。最初に「オークニー」と聞いて「大国主命???」と日本神話を思わせて、どうしても行ってみたくなり実現した旅。蓋を開けたらやはりここにも日本神話とまったく同じお話あり、ドラゴンあり。

ますます神秘の世界へと引き込まれていくのであった。

次は「オークニー、ノーザンライツの旅」、智慧の扉を開けにご一緒しませんか?

その後に続くニューヨークへの旅、これほど究極にエネルギーの違う場所を同時期に訪れた結果は?もうてんやわんやの大騒ぎです(笑)。

続く。
[PR]
by serendip888 | 2005-06-25 04:39
<< 「智慧の扉」の向こう側 約束の旅 >>