ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

アカデミー賞

我が家にはテレビがないので、ネットでアカデミー賞の行方を追いかけていました。作品賞、監督賞等、6部門を制覇した「Hurt Locker」のことはぜんぜん知らなかったのだけど、授賞式の前に駆け込みでiTuneからダウンロードして観ました。しかし、戦場モノは画面を見ているだけで具合が悪くなるので、最悪残虐なシーンを除いて、見終わった時はもうなんだか体から冷や汗が出るくらい気分が悪くなってしまいました。でも映画としては心理描写が細かくて、よい映画だと思います。実際に戦場に関わっている人達からはあり得ない状況設定で、かなりのブーイングが出ているようですが。アカデミー賞を競った元夫のジェイムズ・キャメロン監督の「アバター」を破っての受賞。キャスリン・ビグロー監督は女性初の監督賞受賞だそうで、その快挙には拍手を送ります。キャスリン・ビグローの出身地が我が家から5kmも離れていないサンカルロスという隣町だというのもなんだか親近感が湧いたりして。ご近所さんに才能豊かな人がいるということだけで、なんだかちょっとうれしい気分^^。ただのミーハーですか?^^;

もうひとつ話題なのは、ドキュメンタリー映画で受賞した「TH E COVE」。日本のイルカ漁を告発した問題作です。食文化に関するセンシティブな問題があるにせよ、知性を持って、人間に癒しを与えてくれるイルカを食するということはもうこれからの時代、やめましょう、と同じ日本人として心から伝えたいです。この映画が日本でもちゃんと上映されることを願います。

今年のオスカーはなかなかディープな話題を振りまいてくれました。時代は「変化」、受賞者の黒人女性から、「ポリティックス(政治)ではなく内容で選んでくれたアカデミー委員会に感謝します」というコメントもあったように、アカデミー賞にもその波がやって来ているようです。
[PR]
by serendip888 | 2010-03-10 11:49 | 独り言
<< ついったりんぐ。 今年もシャスタツアー! >>