ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

好きなことに傾ける情熱の先にあるもの。

d0050616_10204444.jpg

真剣な表情で着付けをする自分。実はこの日、私は初めて人に着付けたのでした。なんでも自分でやりたい性分なので、着付けはほぼ独学。帯は本を見ながら数時間でなんとか形になった。その後、数回着付け教室に通ってきちんと着る方法を教わりましたが、自分にとって楽に簡単に着ることが着る回数を増やす為の必須条件なので、今はほぼ自己流。好きなことというのは、自分も気づかないうちにいろいろと身に付いているものだ。

なんで、着物?と思う。非日常的だし、めんどうだし、ニッチだし。それをアメリカでやる、というのも更にマニアック^^;。

着物を作る、ということに私の思考回路はまったく作動していない。いつの間にか生地を探していつの間にか作っている。作ったらいつの間にか人に着てもらうことが出来て、それがいつの間にかとても素敵なことになっていた。

思考回路の外にある、「いつの間にか」という魔法の回路。

ただただ、「好き」という感覚を大切にする。その先に何があるのかわからないけど、それが今を生きる、ということかな。

行け!どこまでも。私の中の誰かが叫んでる^^。
[PR]
by serendip888 | 2010-04-20 10:44 | 独り言
<< 虹が出たよ。 花のパンサーメドウズ in キ... >>