ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

シャスタのご縁が花開くニューヨーク。

ニューヨークに行って来ました。写真はロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリー。イルミネーションに飾られた街は相変わらず活気に溢れていました。
d0050616_7122925.jpg

もう20年以上前、初めての海外旅行がマンハッタンで、それ以来、私の大好きな街。私にとっては天界のシャスタと人間界のニューヨーク、この二つの場所に強烈にご縁があるようです。今までの10年間シャスタに通い、これからはニューヨーク通い。一見まったく別世界のように見えるけれど、根源でしっかりひとつの根っことなっているようです。

今回ニューヨークでお会いした方達、全てシャスタ繋がり。不思議なことにお会いしたヒーラーのnoricoさん、ピアニストのさいちはるさん共、今年、大好きなシャスタに引っ越す予定だったところが大どんでん返しでニューヨークに留まることにされたということ。「これからは東よっ!」と思っていた私にはシャスタ繋がりのネットワークがニューヨークで出来ることに大変感激!最近シャスタに引っ越して行く人が多い中で、「もうちょっと下界でやることがあるぞ、君たちは」という神様の配慮か?最初からミラクルな展開でうれしい限りです。

余談ですが、「どうしてみさおさんはシャスタに引っ越さないのだろう」と思っている方が結構いらっしゃるようで、よく不思議がられます。私にとってシャスタは天界、魂の故郷なので、住むのではなく、帰る所なのです。下界で遊んで疲れたら放電と充電の為に帰る、それが自分にとって一番フィットするシャスタとの関係。そんな場所があるって最高に幸せなことだなあと思います。

さて、もう一組、ミラクルな出会いin マンハッタンがありました。テネシー在住の三咲ちゃん&のぶちゃんご夫妻。昨年シャスタツアーにご夫婦で参加して頂いて以来、シャスタツアーもやってしまうという行動派カップルです。旦那様ののぶちゃんはシャスタでいろいろとインスパイヤーされて、なんと今ではシータヒーリングをやってしまうヒーラーさんへの道を歩いています。私もせっかくの機会なので、マンハッタンでシータヒーリングのセッションをしてもらいました。結果はいつもながらのことですが、「このまま行け!」と言う単刀直入な上からのメッセージを届けてもらいました^^。何処に行き着くのかわからないが、自分の直感が面白いと思ったことをやっていくしかないですね、やっぱり。

寒い寒いマンハッタンですが、コート、帽子、手袋、マフラーにブーツ、寒い冬のニューヨークではファッションが命を守るためになくてはならないアイテムなわけで、おしゃれもしがいがあるというものです。バリバリとカッコよく決めて寒い中を颯爽と歩くニューヨークの大人の女性は、見ていてほれぼれします。

次は更に凍てつく2月に行く予定。ゆるゆるだったカリフォルニアンからピシピシと音を立てるナイフのように研ぎすまされたニューヨーカーになれるか?

いや〜、シャスタのエネルギーがちゃんとそこにあるから、ピシピシしながらもゆるゆると。パワースポット、マンハッタンをこれから思う存分堪能します。
[PR]
by serendip888 | 2010-12-11 08:36 | 独り言
<< サンタ、ベイビー。 冬への足音。 >>