ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

アセンション

今日は一年で一番日が短い冬至。陰極まって陽に転じるそんなエネルギーを感じる日でした。巷ではマヤ暦が終わり人類終焉の日だと信じる人もいたようですが、明日もきっとまた陽は昇る。^^ひとつのサイクルが終わり、また新たなサイクルが始まる。今日はその始まりの通過点に過ぎないようです。

これまでまかり通って来た闇はもうこの先、光を選んだ人々の意識が更に高くなることによって消滅していくでしょう。光とはその人の魂の声、神と直結した声、それを人は「愛」と呼ぶ。

アセンションとは人々が愛に目覚めること。自らの歩む道を恐怖によってでは無く、愛によって選び取ること。もう多くの人達が目覚めている。陰が極まった今だからこそ、人は真っ白な光を強烈に求めるんだろうな。光になる為にきっと全ての体験が必要だった、と未来の私達は知っている。

2012年12月21日、この日を境にやっぱり何かとてつもなく大きな光が降ろされている模様。

振り向いたらやっぱりそこにシャスタがあったよ。
d0050616_959829.jpg

[PR]
by serendip888 | 2012-12-22 11:20 | 独り言
<< また天使と繋がっちゃった/12... 2012年。 >>