ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

妖艶!シャスタ

relax5月号ご覧になりましたか?

編集部から送られてきた本誌を見ておもわず唸った。これはまさに「感無量・喜び」の唸り。滞在期間1週間を通して大雪に見舞われたこの取材旅行でたった数時間だけ姿を見せたシャスタがこれ。2ページに渡る見開き部分のシャスタのそのなんと妖艶なる姿。あの瞬間まさに「シャスタマジック」が起こったとしか思えないもうほんとにピンポイントの撮影だったのだ。取材陣一同あまりの悪天候に山の姿は諦めかけていた。でも一筋の希望と「シャスタの神様」への祈りの中で「それじゃあ、一瞬だけ、、、」ってその祈りが通じた。雲が流れる反対を向かい風に逆らって「あのスポット!!!」と必死に車を走らせた。たった一度だけ姿を見せてくれたシャスタはもうとんでもないほど神々しかった。厚い雲の層が流れ少しづつ姿を見せ始めるシャスタは成熟した天界の貴婦人のようだった。「エロティズムですね~!」とため息をつく取材スタッフ。あっこの人、シャスタの陰陽エネルギーをちゃんと感じてくれている!男女融合の山、シャスタの妖艶なエネルギーを受け取ってくれている!そう思った瞬間、私魂のお仕事させてもらった、とうれしくなった。

「もう何十年も前にシャスタに一度来たことがあるんだ。あの美しい山をもう一度見たくてこの仕事引き受けたんだ」そう言ったカメラマンのリチャード。意外とスピリチュアル好きで道中私の話を熱心に聞いてくれた。撮影から帰ってしばらくしてからリチャードからのボイスメッセージ。「Hey Misao,あのさ~、あの時撮った写真の合計、2222枚だったよ。君が数字の22の話しただろう。これ凄いよな」。うへぇ~、リチャード、デジカメだからと言ってそんなに写真撮ったのか、さすがプロ。うふふ、しかし2222か、、、。やっぱり君も天界プロジェクトの一員だな。

インタビュー記事もなかなか楽しくまとめられてます。
プラス目次ページのバックもシャスタの写真が採用されています。

ぜひご購読くださいませ☆

あっ、シャスタに続き富士山が載ってます。そして伊勢も。次は「伊勢だ!」と思ってたところにシンクロ。日本に行ったらまずは伊勢の天照大神にお参りして来ます。そう言えば地元の人の中にはシャスタのことを「アマテラス」と呼ぶ人もいるそうな。あれ、なんか高天原からお呼びが掛かっているのか?、、、(^^)。

いろんなことが繋がっておもしろいですな~。ほんとに。
[PR]
by serendip888 | 2006-04-14 05:11 | お知らせ
<< 森のイスキアツアー・アップデート 「サムライヘアスタイリスト」Y... >>