ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

敦子さんのオーラリーディング

2年前にシャスタで知り合った岩淵敦子さんにオーラリーディングをしてもらった。敦子さんは十数年間香港でぬいぐるみのデザイン・パターンナーをしていたという経歴を持つ人で、もしかしたらシャスタからやって来た我が家の中国生まれの小熊のシャスティンくんは敦子さんが生みの親だったりして、、、。そんな妄想はどうでもいいけど、敦子さんのオーラリーディング、これがまた面白い。最近やっと心に少しばかりのゆとりが生まれたので、リーディングを受けながらもう笑っちゃいました。自分のこと。それで、もっと自分を楽しもう、そういう気にもなりました。

私という人間をチャクラ的に分析すると、肉体や心を司る第1から第5までのチャクラと第6、第7の霊的チャクラがまったくかけ離れている。これじゃあ人間界に生きるのはなかなか大変なことです。霊的にはかなり高いところをめがけて飛んで行こうとしているのに、心や肉体は「なんであたしが~」って抵抗している。

リーディングは7つのチャクラを下から順番に透視してくれるのだけど、敦子さんの見るビジョンがなかなかユニークで面白い。

第一チャクラ・・・地面に咲く綺麗な花。でも土の中の根の部分がとても浅い。(小さいときから「土」が苦手です。グラウンディングしていない、とよく人から指摘されます(^^;))
第二チャクラ・・・白雪姫と7人の小人。しかしそのお姫様には少し棘があり、時々小人達をいじめては自分がいじめた人の気持ちを感じたいそうな。宇宙人が地球人の感情を味わうが如く、、、。(いつもいじめている人達、ごめんなさい。私宇宙人でした(^^;)。いじめてはちょっと反省して、またいじめてしまう。でも愛してるよ~、ほんとは。あなたの痛みは私の痛みです(^^;))
第三チャクラ・・・紫色の花野菜、繭玉がころころ転がり落ちる昔のおもちゃ(両方とも意味不明)
第四チャクラ・・・背後には人からのピンク色に輝く愛のオーラが覆いかぶさっている。しかし正面から見ると愛に飢えている。(もらった愛情はぜんぶ後ろに押しやって「無い振り」しているらしい(^^;)。私に愛を注いでくれている人達ごめんなさい。もらってももらっても「足りない病」でした。実は自分で後ろの方に隠してたんだな、、、。好物のおまんじゅうを隠してたんすの中にしまっていたという親類の話を思い出しました。そんなふうにはなりたくないって思ってたのに、自分がやってたとはねえ、、、。)
第五チャクラ・・・錆びた金属のねじ穴、過去生で何か宗教的に深い絶望感・無情感を味わい、神に対する信頼を失っている。(だからいつも神様に向かって「なんであたしが~」って叫んでるのか、、、)
第六チャクラ・・・大きな日本の神宮、伊勢、天照、虹色にうねる龍のようなエネルギー。(突然神の世界、それも天照に飛んでしまいました。今年5月、初めて伊勢神宮の内宮をお参りすることが出来ました。その時神前のカーテンがふわーっと舞い上がり、天照のエネルギーを受け取ったような気がしました。これからはどうも私の中で日本の神様が動いてくださるようです。)
第七チャクラ・・・高いアンテナの付いた銀色の冠。未来的ツール、そして宇宙に繋がるアンテナ。

最後に見えたのが私とハイヤーセルフの関係だそうで、ハイヤーセルフは小さな子供の私の手を繋いで愛情一杯に一緒に歩いてくれているそうです。でも私はまるで「じゃりんこチエ」のように、「あのさあ、あたしが繋いでほしいのは左手じゃなくて右手なんだよぉ~」みたいな文句たらたら言いながらしかめつらしながら手を引かれて一緒に歩いているそうです。

私、相変わらず、未成熟です。多分今生はこのキャラクターから抜け出せないでしょう。私は私の魂から湧き上がる絶望感や無情感、そしてまるで子供みたいな純真さをどこかで愛している。それが私という人間をユニークな存在として生かしてくれている。神に対して深い絶望感があるからこそ強く神を求める気持ちがある。生きていくことはふたつの相反するエネルギーのぶつかり合い、しのぎあい、そして融合。私の心と体と魂が三位一体となって調和する時、私は「人間卒業」の修了証書を頂くことが出来るのだろう。

その時まで、じゃりんこチエのように、「左手じゃなくて右手だよぉ~」と文句たれながらそれでも自分が生まれる前に決めてきた今生でのお仕事を探し続け、やり続けたい。

敦子さんは3月中旬までサンフランシスコ滞在予定です。彼女のリーディングを受けてみたい方、メール頂ければ連絡先をお知らせします。

自分を見る良い機会になると思います。
[PR]
by serendip888 | 2006-12-29 18:09 | お知らせ
<< New Year's Eve 来年の抱負 >>