ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

キャノン美津子さんのセッション in SF

魔法の手を持つキャノン美津子さんのサンフランシスコセッションのお知らせです。
この機会にぜひご体験くださいね。

********
日程:4月6日(金)・7日(土)・8日(日)
場所:ホテル 2000 POST (Japan town近くのホテルです)
2000 Post st, SF, CA 94115


セッション内容:
さあらヒーリングマッサージ~響きとタッチのコラボ~:$130(ボディトークフィードバックあり)
セッションは毎回、新鮮であり、タッチもストロークもその時々のバイブレーションとエネルギーの流れから誕生します。さあらのヒーリングマッサージはChiエネルギーに満ち、あなたを大いなる海原へといざないます。全てを開放し、生まれた時のように澄み渡る安堵感に包まれてください。きっと、身体の底から癒され、赤子に返られる事でしょう。全身を流れるストロークで完全癒しをご体験くださいませ。エサレンスタイルの流れるようなロングストロークを主体に、脳波をシーター派まで整えるシンギング・リン、浄化のお神楽鈴、ドラム、ディデュリドゥー、マントラ、声のバイブレーション、言霊などの響きの作用でチャクラを活性化させます。

インナーチャイルドワーク :$130
自分を知り、開放したいあなたへお勧め!!
自分の思考パターン、感情の動きはどこから来ているのでしょうか?
このワークのゴールはセラピストに癒される事というより、自分で自分を理解し、癒していく事が目的です。私たちにはそれぞれの思考パターンがあり、心の傷も違います。誰かが言った一言や行動に異常に反応したり、傷ついたりってありませんか?
それを相手のせいにしている自分っていませんか?
たとえ、自分に向けられた言動や行動でなくともとても、反応し、心がチクチクざわざわする自分に出会うことはないでしょうか?その根源は相手にあるのではなく、自分の中の古傷だということ。それを頭でもマインドでも、言い聞かせでもなく、「理解」と「癒し」に導くのがインナーチャイルドワークです。 私はこの経験を深く深く繰り返しました。
こんなにパワフルで自分が楽になれるワークがあるのだと知りました。
自分に向き合い自分に矛先を向けるのは時として辛いです。自分の感情を認めることも時に辛いです。でも、「理解」と「癒し」があればそれは開放されていきます。

誰もがインナーチャイルドワークを自らででき、自らを知ることが出来たら、私は本気で戦争がなくなるのではないかと思っています。それくらい、心が平和になるパワフルなお勧めのセッションです。その方法や個人セッションとして誘導を行います。

スピリチャルレベルのDNA活性化とエナジーワーク: $130(ボディトークフィードバックあり)
DNAの情報は、大部分がスピリチュアルな物で、物質的な物はごく一部です。 直感力を高めうちなる自分とのコネクトを強化します。頭が冴え、明瞭に物事を考えられるようになります。 自分の目的意識がハッキリし、強さが備わるため、混乱する事が少なくなります。 自らの目的を明確にして本来の能力を開花する為のDNA活性化が目的です。

エナジーナビゲート (3時間):$350(ボディトークフィードバックあり)
このエナジーナビゲートはその人にあうエネルギーの質や使い方を誘導するために、プライベートで時間をとり、その人のもつエネルギーをみます。そして、ヒーリングの組み立て、エネルギーの使い方などをアドバイスさせていただきます。美津子とのマンツーマンナビゲートです。 一回の時間はは3時間。ストロークやエネルギーワークのやり方は学校で教わることが出来ると思います。私は、その人のエネルギーをよんで、どんなアプローチがあうかをみていく事をサポートいたします。学校ではアドバイスをもらえないプライベートなエネルギーの組み立てとアプローチをさせていただきます。10人のヒーラーがいたら10通りの表現方法が生まれて当然なのです。自分独自のヒーリングを生み出す事でその人がより生き生きとお仕事が出来たらと思っています。会社員、教師、カウンセラー、看護婦、主婦などなど様々な職種の方が受けられています。

ご興味のある方にもお知らせくだされば幸いです。
ご希望の方はご希望の日とお時間をお知らせ下さいね。(スタートは午前9時から、最終受付は7時か8時)これからスケジューリングをしていきます。

お目にかかるのを楽しみにしています。

美津子
____________________
キャノン美津子さんのメールアドレス:
salacannon@cox.net
[PR]
by serendip888 | 2007-03-09 06:59 | お知らせ
<< シャスタの記事 心と体のキャパ >>