ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

天中殺の楽しみ方

自分が天中殺の真っ只中と知ってから妙に何か軽くなった今日この頃。「何でもありじゃん、運勢の冬の時期だってそれなりに楽しめばいいし~」って心境。

今日はサンフランシスコに滞在中の岩淵敦子さんに久々オーラリーディングをしてもらった。1年振り位か?さて、天中殺の私のオーラ、一体どんなんでしょ?どす黒?

それが、今の心境と相まってなかなかイイ感じでした。以前見てもらった時の「じゃりんこチエ」は何処かに消えちゃったそうな。いや、じゃりんこチエはもういいやって魂が決めたのですね。もう拗ねて遊ぶのは充分やったし。

天中殺というのは次のステップに移行するためのお勉強にとても適した時期ですね。四季があるように人間の人生のサイクルにも春夏秋冬があって、冬が終われば必ず春がくる、というのを身をもって体験すると、生きているということを普段の100倍も有難く、貴重なことに感じるようになります。それは冬の寒さを知ったからこそわかる生きた体験。若いときは天中殺なんて気にしなくても勢いだけで人生前に進めた。でも歳を取ってくれば体も精神も変わってくるから、勢いだけで生きる必要はなくなる。春夏秋冬の人生を深く味わうというちょっと大人の楽しみ方が出来るようになります。

敦子さんのオーラリーディングによると、スピリチュアリティーを表現する私の第六のチャクラはもう「何でも来い」ってガッツポーズをしているそうな。まるでボディービルダーみたいに^^;)。私のスピリチュアリティーは今の時期に学べることを次の来るべきステージのために貪欲に何でも受け入れオープン体制を引いているんだって。それでもって未来は何処か南の島のリゾートでゆったりリラックスして、「ああ、私もやっとここまで来たのね・・・」とか言いながらトロピカルドリンクなんかを飲んでるらしい。人生の夏来たるか?楽しみだな~(^^)。

そのビジョンが実現するにはこの人生の冬をどう過ごすか、そのことにかかっているわけですが。

何でも受け入れて、本当に自分に必要なものだけを瞬時に選び取る直感と感性を研ぎ澄ますこと。このことに精進しながら残りの天中殺の時期を楽しもう☆

エンジョイ・天中殺!
[PR]
by serendip888 | 2007-09-20 15:07 | 独り言
<< うてんえんき タイムスリップ >>