ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

神事の為の究極の出会い、ツインフレーム

d0050616_329150.jpg夕べはSFいすきあに続き、奈良さんライブ@桑港寺。この日のライブで私を虜にしたのは青柳麻喜さんの舞でした。麻喜さんは看護師をされていて、4年程前の奈良さんとの出会いで自然に舞が出てきたという。ふたりのコラボレーションは御神事そのもので、事前の打ち合わせ等一切無く全ては即興だそうです。ああ、こんなにも神様の傍でお仕事をされているのだ・・・、奈良さんと麻喜さんの出会いがとてつもなく深く大きなところからもたらされていることに感銘しました。男と女が同じ魂のひとつのしずくとして、この世に生れ落ち、出会い、物でもなく、形でもない、何か神事とも言える空間を共有し創り出していく。最高の出会いではないでしょうか。これぞ究極のツインフレーム・・・。

d0050616_329507.jpgこの日、麻喜さんが首に掛けられているのは国宝級と言われる勾玉。日本の神道会のトップの方が100歳を超えた年齢で亡くなられた際に、この勾玉は奈良さんのもとへ、と譲り受けられたそうです。そして手にしているのは天河弁才天の五十鈴。こちらも同じ時期に麻喜さんのもとへやってきたとか。その後お二人の活動は日本全国の神社での音楽と舞の奉納が大きく占められているようです。これからますますお二人のお役目、大きくなりそうです。

さて、この勾玉と五十鈴、実は私も身につけさせてもらいました^^)。
恐れ多いので、辞退したのですが、麻喜さん曰く「神様は楽しいことが好きだから」という言葉にきらり!調子に乗ってさせてもらいました。こちらの写真はブログでご披露するにはちょいとはずかしいので、ミクシィの方にアップするかもしれません。

そして明日は奈良さん達がシャスタで奉納するということを聞いて、私も急遽ご一緒することになりました。シャスタは私にとって魂の神社。奉納と聞いてもう私の天界へのアンテナがどうしても行かなくちゃ、とぴぴっと反応してしまいました。

シャスタに響く音と舞、きっと素晴らしい時になるでしょう。
[PR]
by serendip888 | 2007-10-29 03:35 | 出会い
<< シャスタへの奉納演奏&舞 奈良さんのインタビュー >>