ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

奈良裕之 光の旋律ライブ in Millbrae

昨年10月にシャスタへの奉納音楽でご一緒させて頂いた奈良さんがまたベイエリアに来られるというので、ライブを企画しました。今回は丘の上の素敵なお家のガーデンでのプライベートなライブです。このお宅のお庭から、お天気のよい日はサンフランシスコ湾を挟んで対岸にマウント・ディアブロというネイティブ・アメリカンの聖なる山が見えるのです。そのお庭を拝見してお山からの風を感じた瞬間、この場所でさせてもらえたらなあ、と熱い思いが沸き上がり、ラブコールの末に実現することになりました^^)。当日はライブの前に奈良さん特性の薬膳カレーを楽しんで頂いて、ボディーもゆる~くリラックスしたところで、奈良さんと麻喜さんの幻想的な演奏と舞を楽しんで頂きます。マウント・ディアブロからの聖なる風が吹き抜ける素敵な時間になるでしょう♪

お近くの皆様、ぜひご参加くださいませ。

d0050616_2255081.jpg■奈良裕之 光の旋律ライブ ~共演:青柳麻喜(舞い)~
日時:5月31日(土) 午前11時半~ 軽食ランチ
   午後12時半~2時 ライブ
場所:ミルブレー、個人宅ガーデン
   お申し込み後に詳しい場所をお知らせ致します。
参加費:35ドル(奈良さん特製薬膳カレーランチ付き) 
   当日チェックまたは現金にてお支払いください。
定員:先着20名
お申し込み、お問い合わせ:
   高原操 misao_t@yahoo.com

奈良裕之(ならゆうじ)・プロフィール

1954年生まれ。釧路市在住。小学校6年でトランペットをはじめ、70年代、ロックグループでプロミュージシャンとして過ごし、ライブハウスのプロデュースなども手がける。94年より世界の民族楽器による即興演奏を始める。ライフワークとして、多くの福祉施設・教育施設・病院などで演奏し、人々と深く交流している。舞踏・詩・絵画・写真などとのコラボレーションや、アイヌ詩曲舞踊団「モシリ」との共演にて、日本列島スピリットツアーや、インドネシアでも演奏している。ドキュメンタリー映画「地球交響曲ガイアシンフォニー第3番」出演のアラスカ先住民の語り部ボブ・サム氏と98年より各地で共演。99年オーストラリア・ケアンズ市を中心に福祉施設・教育施設・一般公演などを行う。
2001年6月・10月、2002年4月に韓国で公演。
2004年5月にはニューヨークにて一般公演の他、グラウンド・ゼロで平和を祈念した演奏を行っている。
2005年2月に、タイのカンチャナブリでの追悼演奏、孤児院、モン族の寺院、小学校などで演奏。
2006年4月公開の『ガイアシンフォニ-第6番』の「虚空の音」の章に出演。
2007年10月に、ニューヨーク・サンフランシスコにて、寺院、障害児や癌患者のための演奏などの他、聖地シャスタ山にて奉納。また日本各地の神社・寺・教会・遺跡などで奉納演奏を行う他、音楽活動とは別に、写真や書による個展も開いている。

ガイアシンフォニー第六番
http://gaiasymphony.com/co_guide6.html

奈良裕之オフィシャル・ファン・サイト
http://www.narayuji.com/

青柳麻喜(あおやぎまき)・プロフィール
看護師として働く中、人の存在のあり方や意識が、病気や体と深く関係していることを感じ、スピリチュアルな世界の探求を始める。バーバラ・ブレナン著書「光の手」に出会い、バーバラ・ブレナン・スクール・オブ・アートに入学、2002年卒業。意識とエネルギーについて学び、瞑想、ヒーリングやプロセスワークを通じて自己を開放して行くプロセスを経験。エネルギーワーク、アロマセラピー、プロセスワーク等を取り入れ、ヒーラーとしての活動を行っている。2003年より、自然な流れで舞いが現れるようになり、ハワイ島のキラウエアでの舞いをきっかけに奈良裕之の音楽と共に、日本各地の聖地や神社などで舞いを奉納するようになる。
[PR]
by serendip888 | 2008-05-06 02:30 | お知らせ
<< 「4分の1の奇跡~本当のことだ... シャスタ100回 >>