ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

後ろに光さす人

それを「後光」というのでしょう。

家の周辺は住宅街で、幼稚園もあるので、帰宅時間になると横断歩道に旗を持つ緑のおじさん、おばさんが立つ。その中でいつも一際印象的な黒人のおじさんがいる。彼はほとんど人の通らない場所に立っていて、バスから降りてくる子供達や幼稚園帰りの子供達の安全歩行を見守っている。

このおじさんの凄いのは、ストップサインで止まる全ての車に満面の笑顔で手を振ってくること。思わず必ずこちらもニコッと笑って手を振る。おじさんを見るといつも人間てなんて優しくて素敵なんだろうと思う。笑顔だけで見知らぬ人をハッピーに出来るのだから。それも世界の片隅で名も知れず子供達の安全を見守る緑のおじさん。おじさんを見る度に、「ああ、私はこの人が死んだ時に、お葬式にそっと参加して、棺おけの中の穏やかで安らかなおじさんの顔に、ありがとうって言いたい」という思いがこみ上げてくる。一言も言葉を交わしたことのないおじさんのこの世でのお別れに優しく立ち会えたらどんなに素敵だろう。おじさんの積んだ「徳」が世界に溢れて光が差す日。

なにも元気なうちにお礼を言えばいいんだけれど^^;。

私も微笑み返すだけではなく、自分から微笑かける人になりたい。
[PR]
by serendip888 | 2008-12-05 10:31 | 独り言
<< 2008年シャスタ三昧 女神カード >>