ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

まだ終わってない。

このところずっとYouTubeで忌野清志郎さん聞いてます。私はどうも死んじゃった人を好きになる傾向がある。尾崎豊、HIDE、清志郎さん。なんでか、若くして死んじゃった人達の特有の強烈な光に惹かれるのかな。死はとりあえず、この肉体での世界の終焉で、その人の物語は死を持ってコンプリートする。後はただ、彼らが遺した強烈な光を何度でも何度でも繰り返し巻き戻し体験出来る。彼らは私の中で絶対変わらない光でいてくれる。

母や父も死んで、私の中で強烈な光になった。私にとって死はある意味、終焉の癒しなんだ。

しかし、ふと、忌野清志郎さん、今頃あちらの世界でどんな思いでいるんだろう、と思ってしまった。それで久々、易で聞いてみたの。「彼は今どんな思いでいますか?」と。そーしたら、答えは「まだ終わっていない」。と出ました。あちらでもなにやらまだまだ音楽やってるみたいで、肉体ないのに戸惑いながらもなにやら楽しそうなんだよねえ。

YouTubeでお葬式のビデオ観ていたら、参列のファンの群集の中から赤い光がふわっと浮き出て走って行ったのが映っていたんだけど、なんか、まだまだロックやり尽くしてないんだね。だから、これからもずっとファンの間で生き続けるに違いない。肉体なくなっても寂しくなんかない。もっともっとピュアに人の心を動かしていく、そんな光になったのね。

そちらの世界からもずっと「愛してます。」って言い続けてください。
[PR]
by serendip888 | 2009-05-16 11:05 | 独り言
<< 『1/4の奇跡  ~本当のこ... お伽の国、シャスタ。 >>