ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

命の連鎖

ディズニーの「earth」と自主上映「1/4の奇跡~本当のことだから~」、二本のドキュメンタリー映画を観ました。二つとも「命の連鎖」を感じさせてくれるいい映画でした。自然界の動物は種を繋ぐために命をかけて日々の食べ物を求め戦う。それが彼らの人生(LIFE)。今この瞬間、この同じ大地の続きでツンドラを群れを成して食物を求めてさまよう象の集団がいることや、大海を何千キロも子供を守りながら渡るザトウクジラの親子がいることや、アフリカの砂漠で豹が群れの中から一頭の鹿を標的に追いつき、その首元に致命の一撃でがぶりと食いついていることや、そんな野生の命の連鎖の営みが行われていること、あらためて地球という生命体のダイナミックな息吹を感じました。生き物の命は何十億年も続く地球の時間の中ではほんとに一瞬のスパーク。でもその一瞬のスパークが次の一瞬へと繋がっていく。その連鎖のために起こることにひとつの無駄もない。全ては理由があってここに存在する。「1/4の奇跡~」のタイトルの意味にも繋がっているんだけれど、この地球は数十億年前にひとつの点から始まって今に至る全ての生命体を生み出した。全ての生命体の根源はひとつ。だから全てが繋がっていて全てが影響しあっていて全てが理由があってここに存在する。物理と数学と哲学とスピリチュアリティーが行き着くところがひとつなのも必然。

今ここに存在する理由は、一瞬のスパークのため。そしてそのスパークが連鎖となって大きな美しい虹となる。

スパークしよう!!!美しい虹を作るために。
d0050616_17182732.jpg
「1/4の奇跡~本当のことだから~」ボランティア・メンバー。みんなスパークしています^^。
[PR]
by serendip888 | 2009-06-01 17:06 | 独り言
<< 訂正。 今日の一枚 >>