ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

秋、日本、食と魔法と変容の旅

明日から久々、初秋の日本に行ってきます。今回の旅のテーマはずばり「食」。美味しいもの沢山食べたい。初めて訪れる森のイスキアで初女さんの手料理を頂く貴重な機会もありそうです。この夏サンフランシスコにいらしてくださった初女さんと空港でお別れの日、待ち合わせがうまくいかなくてちゃんとご挨拶出来なかったのが心残りでした。でもやっと森のイスキアを訪れる機会を得て、また初女さんとお会い出来るのがほんとに楽しみです。北は青森から西は大阪・神戸まで、その日足が向いたところで新幹線を途中下車して美味しいもの食べよう。名古屋で話題の「ひつまぶし」というのはぜひ味わってみたいです。

そしてもうひとつこの旅でとっても楽しみにしていることがあるのですが、それは天界と魔法に属することなので今は秘密にしておきます。きっとその魔法の扉が今回の旅で開くのではないか、と思うのです。そしたら人生、ほんとにナイアガラの滝みたいに流れ出すかも(笑)。

旅はいつも「変容」をもたらします。今回の日本への旅、9の年の9の月、完結・変容のクライマックスかな?「食と魔法と変容」、なんとも欲張りなそして楽しみな旅。

行ってきます☆
[PR]
by serendip888 | 2005-09-21 12:27 |

ナイアガラの虹

ニューヨークでUSオープン決勝戦観戦、ミュージカルを見たり美味しいものを食べたり、買い物したり、秋のマンハッタンを堪能してきました。しかしその後のナイアガラフォールズで見た虹が私にとって今回の旅のメインイベント。始めて足を踏み入れたカナダ側のナイアガラの滝はもう海が割れた!というような様相のすんごいダイナミックな滝で、今まで見たどの滝よりも迫力満点。お天気がよければ美しい虹が滝に架かります。この虹はその昔ネイティブインディアンの女性が滝のスピd0050616_15152922.jpgリットにわが身を捧げた時に架かった伝説の虹。ナイアガラにはそのレインボーウーマンのスピリットが宿り事故で滝壺に落ちてしまった子供を助けたという伝説があるそうで、やっぱり「虹」だなあ、どこに行っても。この日も美しい虹が架かっていました。滝壺から舞い上がる水しぶきはまるで龍神様が天に昇る姿のよう。ナイアガラ周辺はカジノやリゾートホテルが隣接した観光地だけれど、この滝には大自然のスピリットが宿っている。そのスケールの大きさは只者ではない。一生に一度ぜひ訪れる価値のある素敵な場所です。お奨めアトラクションはボートで滝壺近くまで行く「Maid of Mist」。体ごとすっぽり被るビニール袋のような雨合羽を着てもうざっぷり水しぶきを浴びます。しかし振り返るとそこにも大きな虹。一生忘れられない光の水しぶきに輝く虹の柱。水のエネルギー、水の力。

流れても流れても止めども無く弾け踊る水しぶき。

私の人生もナイアガラ規模で流れて行きたいな。
[PR]
by serendip888 | 2005-09-19 15:27 |

シャスタ山ツアーを終えて

d0050616_1443898.jpg山川ご夫妻&天女座ジョイントツアーが終わった。参加者20名、総勢26名。チャーターバスを借り切っての始めてのバスツアーだった。今回のツアーは私にとってひとつの区切り。5年前に始めてシャスタを訪れた時、参加したツアーの現地ガイドが「今シャスタは森林伐採で経済を立てるか、観光誘致をするかの選択に迫られている」と行き交うログトラック(伐採した木材を積んだトラック」を見ながら話してくれた。そのログトラックを見ながら、「それなら山の木を守るために私がバスで人を連れてくるわ」そう言った。その時はなんの根拠もなく口から思わずそんな言葉が出ていた。あれから5年、ふと気が付くとあの時の言葉が現実となっていた。あの時の思いに突き動かされて始まったシャスタツアー、そしてひとりでも多くの人をシャスタに繋げますという山との約束。そのふたつが大きく叶った今回の旅。感慨無量だった。

そして今回のメイン・イベント、天女座コンサート。日本の神話のふるさと、熊野とシャスタが繋がるなんて素敵じゃない!そんな思いで実現した音楽イベント。シャスタで活動するシャスタ太鼓とのジョイントは現地の人々、ツアー参加の人達、このコンサートのためにシャスタまで足を運んでくれた友達、と沢山の人が喜び楽しみ東と西の和の音の饗宴を満喫してくれた。当日は矢吹紫帆さんのお茶の先生、芝先先生の抹茶のお点前もあり、コンサート会場に集う人達は日本からの心温かいもてなしを楽しんでくれた。

このコンサートのために尽力ご協力頂いたストーニーブルックの伸ちゃん、弘美さん、そして関係してくれた全ての方達にこの場を借りて心よりお礼申し上げます。

しかしシャスタツアーは毎回がマジックの連続。今回も沢山のシャスタマジックが起こりました。空いっぱいの彩雲、参加者ひとりひとりの気付き、そして出会い、、、。折りしもコンサート当日の9月3日は天女座のとんちゃんのお誕生日、そして新月という記念すべき日となりました。アクシデントと思われることも全てのパズルが組み合わさるとそれはまるで宇宙の旋律のような完璧な調和となる。偶然はひとつもなく無駄なこともひとつもない、そのことをまさに目のあたりにして在り難くも楽しいハプニングいっぱいの旅でした。参加者の方から頂いた「すべては完璧でした。ありがとう!」この言葉が私の心いっぱいに広がって、私もまた皆さんから元気とパワーを頂きました。

d0050616_14521512.jpg「4泊6日というとても短いツアーだったけれど中身が濃くてそれでいて自由に自分らしく過ごすことが出来た」、そう言ってくださった参加者の方達、ハードスケジュールをこのツアーのために空けて参加者の方達をこのシャスタへ繋げてくださった山川ご夫妻、そしてシャスタの山に気持ちよくその個性豊かな音色とパフォーマンスを響かせてくれた天女座へ、心から愛と感謝を込めて。

シャスタマジック、シャスタファミリーの輪が広がる喜びを感じ、そしてこれから更に続くシャスタマジックを楽しみながら、私の人生ももっともっと楽しむぞ~~~!と宇宙に宣言しました。

最後に「自分自身が楽しんでこそ、人様のお役にたてるのじゃ!人のために働くなんてことは考えんでええぞ!」、そう私に気合を入れてくれた最高年齢参加者、矢吹喜峰お父さんに愛と共感と尊敬を捧げます。

今回は写真を撮る時間がなくて残念、、、。参加者の方達からの写真を楽しみにしてま~す☆
[PR]
by serendip888 | 2005-09-06 14:56 | シャスタ