ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

龍の尻尾に手を伸ばせ

シャスタで出会った友人のR・Kさんが大阪の夜の地下鉄でふと降りてきたという詩をミクシィでシェアしてくれた。この感動を共有できる人、きっとこのブログにもいるに違いない。とR・Kさんの了承を得て転載させて頂きます。

生きる次元☆龍星より・・・




覚えていてほしい。
<生きる次元>というものが
確かに、在る。

それは、天でも、地でもなく、
3次元でも
4次元でも
5次元でも
6次元でもない。

形にも、言葉にもすることができない。

それは、
次元間をすりぬけ、
惑星間をかけめぐり
星雲間を高速で抜けていく。

とどまることはなく
一瞬の内に凝縮し、
砕け散り
気づき
目覚め
そして、
何事もなかったのように
過ぎ去っていく・・・

あなたたちは

それを、
魔術
閃き
恩寵
奇跡
至福
歓喜
あるいは
革命
悲劇
苦悩
恐怖
などと、よぶかもしれない。


しかし、
それは、言葉では決して定義できない。



天と地をかけめぐり
多次元間をいく
もちろん、
善悪も超えていく。


先人は
それを

<龍>
と、よんだこともあるかもしれない。

あるいは

<光>




(あるいは、音楽と、低くつぶやく声・・・)





いずれにしても、それは一瞬一瞬
刻々と変化しながら、
過ぎさり、
意味も形も受け入れず
高速で駆け巡り
空中に消える。



たとえていえば、
宇宙空間を疾走する
<彗星>のよう・・・



何光年も行き交い
果てしない
終わりなく駆け巡る

永遠の旅人であり
<愛情>


だから、いとしい人よ
聞いてほしい



集中せよ。
何も信じるな。
それが、極限を生きるということだ。

そして、
龍の尻尾を見かけたら、
かならず、せいいっぱい、手を伸ばせ。



あなたがたは、一瞬一瞬で完璧だ。

[PR]
by serendip888 | 2006-05-31 05:49 | 魔法

自分らしく生きる、それが美しさへの栄養

d0050616_1027526.jpgニッポン滞在中にせっかくだから、とベイエリアの仲良し友達、収穫の女神様と有馬温泉へ一泊旅行。日本で毎日忙しく働いている収穫の女神様にとってひさびさの保養だったようで、温泉帰りには一皮剥けたようにつるぴかとなったお肌が輝いていた。しかし彼女を知る人はこの数年で見違えるように綺麗になったと思うでしょ?知り合った頃は私立の女子高の日本語教師だった彼女が今では「シャスタ山の歩き方」のフォトグラファー中尾好孝さんと組んでアートディレクターとして新たな人生を歩んでいる。彼女の歩む道とわたしの歩む道がなぜか感動するくらいいろいろな側面で交差して、この数年間随分一緒に笑い一緒に泣いた。久々に会う彼女はこの1年間で10キロもやせてまた一段と綺麗になった。その美しさへの栄養はやっぱり「自分らしく生きる」ということらしい。教師という職業に燃え尽きて自分の内なる声に耳を傾け、シャスタという聖なる山に導かれながら今本当の自分を生きる彼女がいる。彼女は今、スピリチュアルとビジネスとプライベートライフをジャグリングしながらどれも全部彼女の一部としてバランスを取ることの大切さを学んでいるようだ。全部自分、あっちの世界もこっちの世界もひっくるめて妥協しないで大切にする。

いいねえ。これからも益々いらないものをそぎ落として女っぷりを挙げてね。楽しみにしてるよ~。

愛する収穫の女神様へ。

しかし私は相変わらず「ピーターパン」ですな(^^;)。ガハハ。
[PR]
by serendip888 | 2006-05-25 10:40 | 出会い

夢を生きる人達

d0050616_16542312.jpg北軽井沢に「パンカーラ」という素敵なレストランがある。オーナーは二組のご夫婦。以前テレビでも特集されたことがあるという知る人ぞ知る地元スポットだ。オーナー各ご夫妻全員元教師で、退職後に自分達の夢だったレストランを軽井沢で開かれた。彼らのライフスタイルがまたとってもユニーク。二組の夫婦はレストランの上階に二世帯同居している。当初は別々に住まいを建てる予定だったのが電熱費等の節約を考えて、同居されることにしたとか。壮年の夫婦二組が突然同居生活を始めるのは大変なことだと思う。その上、仕事も同じ。四六時中一緒なのだから、気を使うことも多いだろうなと思う。しかしなんだか彼らはとても生き生きしている。ご主人お二人の趣味(というより腕前はプロ級)の南米フォルクローレ音楽。「ロス・ティオス」というデュオを結成してお店で演奏もされている。ランチタイムに手が空いた時はリクエストすれば生演奏を聴くことが出来る。私がお邪魔した当日も私のリクエストに答えて下さり、素晴らしい演奏を聴く事が出来た。お店でウェイターをしていたふたりがそそくさと演奏用の衣装に衣替えしてステージに立つ。いやあ、いいですねえ。まさに今この人生を自分達の「夢」そのものを生きている感じです。

なりたい自分になる。遅すぎるということはない。いつからでも何処からでもそれは可能だ。パンカーラの夢が私に教えてくれたこと。

私の夢は、、、「放浪者」になることかな。タロットカードで言えば「0番=愚者」。自由で奔放で何ものも所有せず何者にも所有されず一期一会の出会いを求めてさ迷い歩く愚者。

あっ、でもこれってかなり難度高そう、かな。
[PR]
by serendip888 | 2006-05-23 16:57 | 出会い

トランスフォーメーション・ゲーム

d0050616_1031017.jpg軽井沢のドームパラダイスで体験した「トランスフォーメーション・ゲーム」。80年代にフィンドフォーンで開発された「スピリチュアル版人生ゲーム」。エンジェルカードはこのゲームから生まれたとか。たかがゲームと思うかもしれないけれど、これがなかなか深い。ゲームの前に自分の達成したい目標や解決したい問題をひとつ具体的に設定する。ゲームが進む中で天使からの提言や励まし、参加者とのシェアリング等、インタラクティブに自分の問題、課題と対峙していく。ゲームの中で出てくるメッセージが自分の設定した目標、課題になぜか不思議なくらいシンクロする。まるでほんとに天使や見えない存在がそこにいて、ゲームの進行を見守り、自分の内側から目標、課題の答えを導き出すのを助けているかのようだ。グループエンジェル、守護天使、サポートエンジェル、天使の存在を身近に感じることが出来る。

これぞまさしく「Angel of Manifestation(具現化の天使)」大活躍!!!さすがスピリチュアル・サンクチュアリのフィンドフォーンで生まれただけのことはあるパワフルな魔法いっぱいの自己啓発ゲームだ。

またやりたいなあ、と思ってさっそくゲーム版を購入しました。ご興味のある方、トランスフォーメーション・ゲームで一緒に遊びませんか?近々我が家で「トランスフォーメーション・ゲーム版天使のお茶会」を企画しようと思っています☆
[PR]
by serendip888 | 2006-05-22 10:13 | 魔法

土地の顔

今、朝の4時半。もうだめ、、、時差ぼけますます進んでます。再びえびせん一袋開けながらブログでも書くか、、、。

d0050616_202568.jpg弘前の「ねぷた館」で津軽三味線を聴いた。津軽三味線は話によると犬の皮で出来てるとか、、、ほんとですか?よくわからないけど。しかしこの音色、血が騒ぐというか好きです。津軽は寒いので少しでも早く音楽を演奏して終わりたいためにリズムテンポが速いとか、、、。ねぷた館の人が説明してくれたけど、これもほんとかなあ。津軽の文化は面白い。「ねぶた」は喧嘩祭りらしくて、昔は日本刀を振り回したり死者も出るほど激しいお祭りだったとか。短い夏を惜しむように津軽の人達は魂の熱い激情の火をこの祭りに投げ込むのだろうか。

ニッポンって面白いなあ。今回の旅でまさしくディスカバー・ジャパン。ますます大好きなニッポン。

しかしこの顔、インパクトあるなあ。
[PR]
by serendip888 | 2006-05-20 20:27 | 独り言

美味しかったもの

今、夜中の三時、、、。ヤバイです。完全「時差ぼけ」体制に入ってます。えびせん食べながらブログでも書こうかなあ、と(^^;)。

ニッポンでは美味しいものたくさん食べました。神田藪そば、美々卯のうどんすき、ジャパニーズフレンチ、会席料理、、、。でも一番心に残っているのはやっぱり初女さんがにぎってくれたおむすび。お米のひとつぶひとつぶが「祈り」なんです。だからどんなにお腹がいっぱいでも目の前に出されたおむすびふたつ、すっとお腹に落ちていきました。普段小食の私を知る人はもうびっくりしてました。祈りのこもった食べ物ってどんな拒食症の人間でもぺろっと食べれてしまう不思議な力を持っています。前回に書いたSちゃんも見事出された食事を平らげていましたっけ。

d0050616_1953261.jpgもうひとつ、お店で頂いてとても美味しかった食事。表参道にある「ブラウンライス・カフェ」の豆乳入り玄米がゆ。これも不思議に、いくらでも食べれてしまいそうなお腹に優しい味でした。表はアロマオイルやフラワーエッセンス等を売っているお店で、その奥にあります。

やっぱりこんなシンプルな食べ物が体の細胞をぷちぷちと活性化してくれるみたいですね。

ブラウンライス・カフェ
http://www.brown.co.jp/
[PR]
by serendip888 | 2006-05-19 19:09 | 独り言

ニッポン

一ヶ月ぶりにベイエリアに帰って来た。ぴかぴかの青空と初夏を感じさせる緑の風。やっぱりいいなあ、カリフォルニア。こんな素敵な所に住むことが出来てほんとに幸せだ。

しかし今回のニッポン、すごく楽しかった、濃かった、そして私を変えてくれた。いらないものをそぎ落とし、本当に必要なものだけを掴む力。それは勇気と呼ぶのにふさわしい力かもしれない。その力を少しもらったような気がする。それは弘前で見た虹や桜や岩木山、新幹線の中の富士山のようにニッポンという土地が私にくれたエネルギーとともに、今回出会った素敵な素敵な人達の生きる力が私にくれた元気エネルギー。

d0050616_11574888.jpgd0050616_11581570.jpgイスキアツアーに参加してくれたみんな、彼女達もまさしく「本当に必要なものを掴む力」を持った女性達ばかりだった。若干24歳のSちゃんは私のこともキャノン美津子さんのことも知らず、ただ「イスキア」で検索してキャンセル待ちのピンポイントで参加してくれた。8年間拒食症で食事はお母さんの作ったものしか食べられなかったというSちゃんはもう抜けるように美しい陶磁器のようなお肌の魂まで抜けるように透明な女の子だった。初女さんに合いたくて参加したツアーで彼女は始めてのマッサージやヒーリングセッションを受けて、どんどん体と心の細胞が開いていくようだった。いや、もう女の私でも惚れ惚れするほどかわいいSちゃんに参加者一同大いに癒されたのでした。

ツアーを企画する人間にとって一番うれしいのは「このツアーで人生のボタンを押してもらえました」というようなインパクトを体験してもらえること。そしてその体験を毎日の生活の中で活かしてもらえること。だって私がツアーを企画するのは私自身がそんな体験をしたいから。自分らしく自分らしく自分らしく生きること、非日常のツアーでの体験がそんな「自分」との出会いになればいいな、と思う。

今度は九州でイルカツアーしたいなあ、と只今次なるインスピレーションに向かって構想を練っています。なにしろ九州もイルカも今までまったく未体験なくせにインスピレーションばかり先を走っていますが(^^;)。

ニッポンは私にとって「竜宮城」ですな。空を飛ぶ亀(謎???)に乗ってまた遊びに行きます。
[PR]
by serendip888 | 2006-05-19 08:29 |

ひさびさエンジェルモード@大阪

一ヶ月に渡る日本滞在もいよいよ終わり。名古屋に二泊してからサンフランシスコに戻ります。

d0050616_23511299.jpg昨日の大阪での「天使のお茶会」は大盛況に終わりました。ご参加頂いた皆様、楽しい時間をありがとうございました。みみこさん、momoさんとのコラボレーションは三者三様の個性が融和してなかなか面白かったのではないかと思います。最近私の周りには「龍神モード」が渦巻いていたので久々のエンジェルモードで、大きな羽のついた私の守護天使さんもさぞ喜んだことでしょう。参加してくれた日本滞在中の悪友・収穫の女神様は天使のお話をする私を「この偽善者め~、今じゃすっかり龍神エナジーのくせに」と心の中で叫んでいたそうな。しかしやっぱり天使と繋がることはふわっと心の温度が温かくなって心地よいことですね。(左から、みみこさん、momoさんと。)

目に見えない愛すべき存在、天使とともに。

今回日本でお会いできた皆様に愛と感謝を送ります☆

@名古屋
[PR]
by serendip888 | 2006-05-15 23:57 |

「下着の神様」、龍多美子さん

d0050616_9145851.jpg以前から気になっていた南青山のリュー・ド・リューという下着屋さんに行ってきた。ここの下着を着けるとどんな胸でも谷間が出来るそうな。「みさおさん、騙されたと思っていってみて」そう言う知人の言葉に誘われ、極めつけはイスキアツアー参加者がリュー・ド・リューの下着コレクションを持参して盛り上がり、これはもう行くしかないでしょう、といよいよわくわくどきどきの下着体験となったのでした。

オーナーのお名前が「龍多美子さん」。これご本名だそうです。龍さんは高校生の頃には既に将来は「下着屋になろう」と決めていたとか。美しい下着を愛し、愛を持ってクライアントにドンピシャのブラジャーを選ぶのが天命のような人。私はこの人を「下着の神様」と呼ぶ。初女さんは「食の神様」、うさとの服のさとううさぶろうさんは「洋服の神様」。みんな自分の信じるものに120%の情熱を傾けて生きている人ばかり。龍さんのゴッドハンドによるフィッティングに掛かると自分の体が女に思えてくる。こんなお子ちゃまなわたしでも(^^;)。

下着も本物を極めればやっぱり「龍神系」!どこまでも龍エネルギーがうずまいてます。

龍さんの下着にかける情熱、熱く伝わった私はこれから自分のボディをもっと大切に育てようと固く決心しました。

それにしても龍さん、かっこいいでしょ☆

Rue de Ryu (リュー・ド・リュー)
http://www.ruederyu.com/
[PR]
by serendip888 | 2006-05-08 01:44 | 出会い

龍の国、日本

d0050616_062750.jpg
「津軽富士」と呼ばれる岩木山、なんだかシャスタに似ていると思いませんか?ガイア2番を見た時からこの山が気になってしかたがなかった。「山に呼ばれた」そんな気がする。イスキアから、そして2泊したゆだんの宿の部屋から、今回の旅ではいつもそこに岩木山があった。この山には霊力がある。岩木山から流れてくる力強い龍神様のエネルギーをずっと感じていた。その岩木山をご本尊とする岩木山神社、参d0050616_071013.jpg道のまっすぐ向こうに岩木山を拝み、奥には白雲大龍神という龍神様も祭られている。今回の旅で、津軽の人々の信仰を集めるこの聖なる山のエネルギーにシャスタが重なったのは私だけではなかったと思う。初女さんとのご縁もやっぱりこうして「山」が繋げてくれたのかもしれない。

東京に戻って武蔵野線の車中、何となく富士山に呼ばれているような気がしてふと窓の向こうを見るとはるか正面に蜃気楼のような富士山がどかんと見えた。

シャスタ、岩木山、富士山。なんだかやっぱり「山」なんだな、、、。山に呼ばれているんだな、、、。

ツアー参加者のひとりが龍神様は数字の「八」と深い関わりがあると教えてくれた。八大竜王とか八幡のおろちとか。そしてイスキアから見る岩木山もやはり「八」の形をしている。龍脈のような山の稜線が龍のエネルギーを流しているかのようだ。

そうそう、今日、神田明神で引いたおみくじは「八番大吉」。いやあなんだか、青森から強力な龍神エネルギーを頂いてきたようでうれしい。

日本はやっぱり龍の国だな。
[PR]
by serendip888 | 2006-05-05 00:51 |