ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

天命探し

ずっと自分の天命ってなんだろう、と探し続けてきた。大体「天命」とは?空に向かって山に向かって神様に向かっていつも手を合わせて祈る時、「どうぞ私の天命がまっとうされますように」と、自然と心から湧き出る。私にとって天命とはこの世に生れ落ちる前から、この世で私にしか成し遂げられない神様との約束。そう無意識に思って来た。ずっと自分には天命があると思って来た。何か特別な私にしか出来ない凄い天命。でも今ふと思うのは天命ってそんなに特別なものなのかな、ということ。捜し求めて見つかるものなのかな、ということ。天命っていつも自分と共にある愛を体現する行為そのものなんじゃないかな、ということ。易神様に聞いてみた。「天命とは何ですか?」そしたらどうも天命とは自分が思うほど楽なものじゃないらしい。愛を体現するには自己愛を越えて奉仕の心で人を愛すること。天命もその「奉仕」の心が重要なカギらしい。自分では「楽じゃないのになんでこんなことやってるんだろう」と思うこと。例えばシャスタに人を連れていくこと。楽じゃないし、ひとつのことを続けるのも得意じゃない。でもやっぱりやってしまう。それは参加する人達にとって光の体験となることを知っているから。その光の体験が私を照らして私の魂を導く灯台の明かりになってくれることを知っているから。いつもこれが最後と思ってツアーをする。でもいつもまた「次」をやっている自分がいる。そして毎回が新たな光の体験となる。

天命ってそんなこと。日常に光を降ろすこと。探していたものはすぐそこにあった。自己愛を越え愛と奉仕を学ぶために与えられた私の天命。

もうすぐ光の山、シャスタです。
[PR]
by serendip888 | 2006-06-30 15:04 | 独り言

パワースポットガイド

先日一緒にシャスタへ旅したお友達のふなみさんが日本と世界のパワースポット情報を利用者同士がデータベースとして共有出来るという素晴らしい画期的なサイトを作ってくれました。これもしかしたら凄いサイトに育つんじゃないかなあという気がします。今ブームのパワースポットがブームだけに終わらずにみんなの宝として残っていくんじゃないかなあ、と。只今ベータ版(テスト版)だそうですが、ぜひご覧になってみてください。そして参加してみてください。
http://powerspots.jp/m.cgi/p/index

スピリチュアルな思考を仕事に活かしてこの世界がもっともっと楽しくもっともっとグローバルにもっともっとまあるくなるように、ふなみさんの発想は留まるところ知らず(^^)。

そして何がうれしいかって言って「シャスタ山の歩き方」があの江原さんの「神紀行」と並んでるところ!日本で「オーラの泉」を見て以来私は大の江原ファンで、いつか江原さんとシャスタで出会いたい!と思っているのです♪

願えば叶う!
[PR]
by serendip888 | 2006-06-29 10:39 | お知らせ

死ぬために生きること

またまたお次はカバラ占い。収穫の女神様のブログで発見。
こういうのはまるとやめられないのだ。それが結構するどく当たってたりするわけだし(^^;)。
http://www.qabalah.jp/

カバラで行くと私は結構「重~い」運命・宿命の持ち主のようだ。宿命は不変だそうで、私の誕生数8が示すのは「戦い」。

『あなたは戦う運命にあり、挑戦する宿命を持っているのです。戦うといっても、戦争など血なまぐさい話ではありません。普通の人ならば、怖くて諦(あきら)めてしまう困難や、危険や孤独の先にしかない栄光。強い意志とバイタリティーがなくては、到底、到達できないような領域への挑戦であり、戦いなのです』

そして私の運命数14が示すのは「死神」。お~こわっ。と思いきや、そう言えば私は小さい頃から「死」というのになぜか無性に親しみを感じていた。だって死ぬことがこの世で一番のアドベンチャーではないか、とずっと思い続けてきた。誰もほんとに死ぬ時のことをわからない。それを体験出来るのは自分が死を迎える時だけ。死ぬ瞬間ってどんな感覚なんだろう、子供の頃からそんなことが気になって仕方ない。

それで私のテーマ「死神」となる。

『あなたにとって「死」は明確な最終目標であり、安らぎを求める究極の場所となります。「生きる」ことの意味、「生きることの本質」を、誰よりも知り得る運命になるでしょう。 』

なるほど~。その感覚は生まれた時からDNAに記されていたのね。納得。

死というものを最近特に意識する。先日も48歳のいとこが過労で突然死した。私だって死はいつ突然やってくるかわからない。精一杯生きたいな、死を目の前に体験すると心の底からそう思う。死ぬまで精一杯。

最近自分の「遺影」をこれにしよう!って強く思うイメージと出会った。その遺影のイメージを私はほんとに死ぬ時までに目指すのだ。そのイメージに近づくためにそしてそのイメージになるために私は今の生を輝かすのだ。まさに「死ぬために生きる」って感覚。

「戦いと死」。なんだか穏やかじゃない私の運命・宿命。

でも私は人生を穏やかにたおやかに戦いながら死んでいきたい。

「えっ、みさおちゃん、戦ってたの???」そんな声を光の世界から声を出して笑いながら聞いている自分になりたい。

「悪魔の山」のことを書いたら「死神」がテーマとしてきちゃった(笑)。
でもよく死ぬことはよく生きること。

ディープだね。
[PR]
by serendip888 | 2006-06-27 13:43 | 独り言

この道の向こう

d0050616_9165184.jpgマウント・ディアブロ(悪魔の山)という場所にハイキングに行った。ネイティブアメリカンの信仰が未だに息づいていそうな不思議な山。その広大な砂漠のようなジャングルのような太古の巌谷のような様々な顔を持つこの山がその名前と共に私を魅了した。山深く続くハイキングコースを歩く。まるで異次元だな。今私はどの次元を生きてるんだ?一歩一歩風を感じながら光を感じながらそして闇も一緒にいることを感じながら歩く。一歩一歩歩くこと、それだけに集中する。悪魔の山を歩くなんてなんか素敵。そしてそこに光が一緒にあるなんて更に素敵。この道の向こうは何があるんだろう。もう悪魔でも天使でももしかしたらぜ~んぶ同じかもな。結局行き着くところは同じかも。

d0050616_9262297.jpgちょっと遠回りが好きなだけ。平らな道よりもでこぼこ不思議な道を歩く方が好きなだけ。だからどんな道を通ってもいいよな。

ときどき後ろを振り返った。ただ風に雑草が揺れてかさかさと音を立てるだけだった。

この道の向こう、何があるんだろう。
[PR]
by serendip888 | 2006-06-27 09:27 | 独り言

スリーシスターズ

d0050616_029471.jpgカナダのCanmore(キャンモア)にThree Sistersというお山があるという。3つのピークスがそびえるなかなか印象的な山。そのひとつひとつのピークの形はそれぞれ個性があって面白い。それぞれに名前が付いていて、「Charity(奉仕)」、「Hope(希望)」、「Faith(信仰)」。私が一番のお気に入りなのはキャンモア側から向かって右にそびえる一番とんがったピークのお山。心なしか標高も一番高そう。このピークは「Faith」。仲良しの収穫の女神様は一番左にそびえる頂上が平らな「Charity」がお気に入り。そうするともうひとつ真ん中の「Hope」は嵐の女神様ということになる。仲良し3人女神がそれぞれ自分の個性にぴったりのピークを持ったこのスリーシスターズと重なるのが面白い。スリーシスターズは別名「Three Nuns(3人の修道女)」とも呼ばれているとか。なるほど~。前世占いとかチャネリングで「前世は?」と聞くと必ず修道女が出てくる私にとってはこのお山に大いなる愛着を感じるのも大きくうなずける。私は天上界にまっしぐらピンポイントで突き進む「Faith(信仰心)」を持つ修道女なのでした(^^)。
いつか必ず訪れたい。そうそうもちろん女神3人衆スリーシスターズで。

お山が呼んでる。久々そんな魂の繋がりを感じるお山です。

*Photo: Copyright Yoshi Nakao. Special thanks to Yoshi Nakao and Hiroko Takano.

実況スリーシスターズのウェブキャムはこちら↓
http://www.canmorealberta.com/news/webcam/
[PR]
by serendip888 | 2006-06-25 13:49 | 出会い

サザン的 高原操は、、、

巷にはいろんな占いがあるもんだ。今日見つけたのはこれ、「サザンオールスターズ★シングル占い」。桑田圭祐大ファンの私としてはやっぱりはずせないってことで挑戦してみる。

サザン的に分析すると私は、、、

高原操さんはいなせなロコモーション です!
●いなせなロコモーションさんは、ズバリ先見の明があるタイプです。人よりも一歩進んだ考え方を持ち、なおかつ何事に対しても計画的。予想外のトラブルに見舞われても、スムーズに対処できてしまうので、物事はあなたの思い通りに進んでいくことでしょう。特に仕事面などでは、先を見通す力があるので、自然とみんなのまとめ役になりそう。また、時代の波に敏感なので、おしゃれも上手です。しかも最新のファッションに自分なりのアレンジを効かせられるので、周囲からはとてもセンスの良い人として、一種の憧れを抱かれているようです。そのせいか、身なりのだらしない人に対する態度は結構冷ややか。時にはその人の服装に、細かい口出しをしてしまいそうです。
●高原操さんの心のふるさとは、屋久島です。

これってたぶん動物占いを参考にしているのかなあ、って感じですね。自分は「面倒見のいい黒ひょう」。黒ひょうはおしゃれで新し物好きで目立ちたがり屋。更に私は「面倒見がいい」っていうことでついまとめ役という立場になってしまうという習癖があります。

それにしてもふるさとは屋久島といのがいいな。雨と星の降る島。そんなイメージです。今絶対行きたいと思っている「天草」同様、なんとなくシャスタ的エネルギーを感じる島。

そんでもって私の今日の運勢はNO.1の良さで、「白馬の王子様がやってくるかもしれない」そうだ。へへえ、楽しみでござる。ロードオブザリングスのエルフのようなタイプが好みだけど、、、。

ちまたのインターネット占い、結構はまりますね。

お試しあれ。
http://u-maker.com/223602.html
[PR]
by serendip888 | 2006-06-17 07:07 | 独り言

私のスピリチュアル成分・・・

「スピリチュアル成分解析」というのをやってみた。

これ、結構ツボにはまってます。次から次へと思いついた人の名前を入れてみると、、、ほほ~、な~るほど、すごいじゃん。

ちなみに「高原操のスピリチュアル成分解析」はというと、

64%は自分を愛する心で出来ています
23%はありがとうで出来ています
9%はオーラの色・シルバーで出来ています
2%はオーラの色・金で出来ています
2%はオーラの色・オレンジで出来ています

あら~、やっぱり~~~。私は「自己愛」のかたまりかぁ!
しかしとりあえず「感謝」の心は持っているようですね。。。

自分を愛することは大切だけど「自己中」になっちゃあいかん、とちょっと戒めてみました。

それでついでに名前を英語表示「Misao Takahara」に変えてみると、

49%は霊的楽天性で出来ています
39%は↑一番多い成分氣にしないで出来ています
6%はオーラの色・金で出来ています
3%はオーラの色・青で出来ています
3%はオーラの色・緑で出来ています

あはは、楽しいですねえ。

結構自分を見るツールとして使えるみたいです☆

お試しあれ。
http://seibun.nosv.org/maker.php/spiritual/
[PR]
by serendip888 | 2006-06-15 12:12 | 独り言

ベビーシャスタからの眺め

d0050616_603267.jpg

週末再びシャスタへ。

めずらしくハイキングをしました。通称「ベビーシャスタ」と呼ばれる(というか個人的にそう呼んでいる)Black Butte(ブラックビュート)に登りました。標高約2000m、遠くから眺めるとまるで子供が砂遊びで作ったような砂山で、傾斜が60度もありそうなピラミッドのような小山です。ベビーシャスタたる由縁はシャスタの裾野にちょこんとそびえ、その姿はシャスタ、シャスティーナのミニチュアのようなフラクタルな形をしているから。この山自体が火山だとか、シャスタが噴火時にぺロッと噴出した岩が積もって小山となった、とか、真相は定かではありませんが、登った時の感覚でいうとこの山は古代に宇宙人がこの地球上に降りてきてピラミッドを作ろうとした時の試作品ではないか?なんてまじで思えます。岩がごろごろと積み上げられただけのような山で、足元の小岩と小岩の隙間からは果てしなく繋がる地底王国が存在するのではないか、という妄想が沸き起こるような不思議な山です。

d0050616_613484.jpg2枚の写真はベビーシャスタから眺めたお父さん、お母さん「シャスタ」。ここからだとシャスティーナの北側斜面にある「天使の羽」が見えます。

いつもと違った角度から。いつもと違った異次元スポットから。どこから見てもやっぱりシャスタは美しい♡
[PR]
by serendip888 | 2006-06-13 06:07 | シャスタ

サムライYoshiさんの虹色ヘア

8年来お世話になっているヘアスタイリストYoshiさんによる新作ヘア。いやあ、今回は気合入ってます。自分でもびっくりしてます(^^;)。いつもの通りカット、ヘアカラー、すべてYoshiさんにお任せ。「今度はどんな感じにするんですかあ?」と聞くのはいつも私。「ちょっとグリーンを入れてみようかな、、、と」と今回はかなりラジカルです。さすがに「えっ!グリーンって、全体に???」とたじろぎの表情を見せたら「いやあ、ちょっとアクセントだけどね。」と、、、出来上がったのがこれです。後ろの方に緑とそして紫も入ってます(^^;)。あまりにも気合入ってるので、皆様にも出来立てをご披露します。多分自分ではブロー出来ないので、この仕上がりは今しかお見せできない、、、。

d0050616_7385173.jpgd0050616_121464.jpgすごいっしょ?虹色ヘア。なんにも言わないのに虹色にされた私の頭。「虹は龍神の化身」と感じたあのモスブレー滝から来たエネルギーの成せる業?

もうこうなったら外から内から虹色に輝かねば(^^)。

サムライYoshiさんの一番遊べるクライアントは多分私に違いない。Yoshiさん本人は至ってコンサバなスタイルなんですがね。

こんなヘアカラーにしてみたい方。サンフランシスコダウンタウンにある「Yamamoto International」へどうぞ。

あっ、確か今日本のトレンドは「黒髪」に戻っているとか(^^;)。しかしまあ、何でもあり~ってことで、、、☆
[PR]
by serendip888 | 2006-06-09 07:47 | 独り言

シャスタ!な女神様達

d0050616_1435561.jpgこの週末、写真家中尾さんを囲んでシャスタに集ったのは知る人ぞ知る?ベイエリアの自称「女神様」達。近年ますますパワフルになってシャスタのエネルギーを日本にアメリカに振りまいています。3人ともシャスタに出合って見事人生が動いた「シャスタマジック」の生き証人。真ん中の収穫の女神様こと高野ひろこちゃんは2002年に企画した指笛コンサートに参加してくれて以来のシャスタ仲間。何度かツアーに参加してくれるうちに気が付いたらスタッフとして一緒にやってくれてる仲間になっていました。過去数十回もシャスタを往復した私だけど、ひろこちゃんのシャスタ滞在日数は私より多い。このブログを見てくれている人の中にストーニーブルックインの受付に座っている彼女に会った人も居るのではないかな?そして、今や「パワースポット、シャスタ山の歩き方」のフォトグラファー中尾好孝さんと組んでアートディレクターとして日本、アメリカ、カナダを飛び回っている。「収穫の女神」としてこれから刈り入れの時期に突入予定?

そして写真向かって右は「嵐の女神様」こと高津文美子ちゃん。もうそのエナジーは嵐そのもの。大学講師を経て現在は通訳、翻訳、イベント企画でアメリカ、日本を飛び回っています。やはりシャスタツアー参加をきっかけに仲良くなり、2004年のキャロル・アドリエンヌのシャスタワークショップでは通訳を務めてくれました。キャロルのシャスタワークには「太平洋を泳いでも行くから」という程、以前からキャロルの本の大ファンだった彼女はその後シャスタワークでのご縁をきっかけに今ではキャロルの日本でのビジネスパートナーとしてワークショップ・イベント・出版等を共同でやっています。美容、ヨガにも多大の関心を持つ文美子ちゃん、最近「フェース・ヨガ」という本を出版して話題を集めています。

ふたりの女神様、シャスタに出会ってそしてそれがご縁で人生のビジネスパートーナーにも巡り合い、今益々自分の人生を自分の夢をパワフルに生きています。

7月の寺山先生のシャスタワークにはこの二人の女神様達もスタッフとして参加してくれることになりました。もうどんなことになるやら。寺山先生もびっくり?!「虹の女神、収穫の女神、嵐の女神」、更に3人の姓が「高原、高野、高津」と3高の女神達です(^^)。上へ上へと行きましょう。

今年のシャスタ山ツアーは最強!。思い切り弾けますよ~(^^)v

*写真は中尾好孝さん撮影
[PR]
by serendip888 | 2006-06-08 15:31 | シャスタ