ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大人宣言。

日本は平均気温が3度も上昇しているそうですね。昔は入学式の満開の桜が今では卒業式の頃に早まっているとか・・・。夜桜見たいですねえ。

昨日は日本から遊びに来ているお友達一家と久々に会いました。しばらく見ない間にハイハイしていた一番下のちびちゃんまでしゃべるようになっていた!こういうのって浦島太郎のごとく結構驚きですね。中二になったCちゃんとママと三人でいろんな話に花が咲きました。その会話の中でCちゃんが言ったことで、ふと自分への問い掛けになった話題がありました。「大人っていつからなるの?」友達との間で話題になったそうで、Cちゃん達はとりあえず、成人式が終わってからじゃない?という結論になったそうですが。ふ~ん、大人ねえ。さて、私は自分がいつから大人になったのかなあ、と自分自身に問い掛けてみました。ところで私は大人?そうしたらどうしたことか、私は自分が今は大人だと言える自分に気がつきました。私はアダルトチルドレンだと自分で思っていた。いつまでも子供のままでいることを清しとしてきた。子供なんてほしくないもん、だって自分が子供だから、とかたくなに子供宣言している自分がいた。ところが・・・、今自分を大人だと認めている自分がいました。いや、ちょっと驚き。というか新たな自分に出会ったような新鮮さがありました。さて、一体いつからそんな気持ちに変化が起きたのか?振り返ってみたら・・・。昨年秋の父の突然の死を境に自分は大人になれたことを思い出しました。そうだ、あの時、長い間の父への確執が溶けて愛に変わって、過去の私まですっかり変わることが出来たんだ。あれが私のブレークスルー。父をちゃんと見送ることが出来て、両親が光の世界へ行って、私はまだ生きていて、そして、たくさんの痛みや悲しみを通して私はおとなになった。私にとっておとなとは人の痛みや悲しみがわかる人、人の痛みや悲しみを取ってあげることは出来ないけれど、人の痛みや悲しみをちゃんと認めてあげられる人。そしてどんな状況もニュートラルに第三の目で判断できる人。第三の目は中庸の目。そんな目を持つ人間を私はおとなと思うのです。

どんな生き方をして来ても人は死ぬ時に菩薩になる、ということを教えてくれた父の死を通して私はちょっと大人な人間への第一歩を歩き始めることが出来たような気がします。

これからは私の中のインナーチャイルドと良い親子関係を結べたらいいな、と思います。それにはいつも子供を思い切り抱きしめてあげることから始まるのかな・・・。

Cちゃん一家からいっぱい家族の愛の姿を学びました。
[PR]
by serendip888 | 2008-03-29 09:44 | 独り言

虹が出た!

d0050616_15254099.jpg今日はミクシーでもお友達のBabbieさん宅にお邪魔して易を立てさせて頂きました。Babbieさんとは今から4,5年くらい前にニューヨークの国連で行われた江本勝さんの講演会会場で初めてお会いして、その後何度か、あらまっ、というイベントの会場等でご一緒することがあった程度ですが、人のご縁とは不思議で、数年越しの出会いが今日ようやく花開いたと感じる素敵な出会いでした。Babbieさん宅に伺う前に出たのが写真の虹。と言っても空の虹ではなくて、車のフロントガラスの水滴にくっきり映った私だけのオリジナル・d0050616_152614.jpgレインボーでした。あらっ、今日は楽しい日になりそう。そんな予感がまさに的中。さすが虹パワーだ!Babbieさんとはほんとにたくさんのシンクロニシティーがあって、長い時を経て、その出会いが花開き深まったことがとてもうれしいです。人は同じ波動となる時にしっかりタックルを組む出会いを体験するのですね。例えそれまではちょっとした顔見知り程度でもご縁の深さがあればそれは時期が来て花開く。出会いとご縁の不思議な力を感じました。

いくつになってもキュートな笑顔のBabbieさん。シャスタを愛する大先輩で、虹の架け橋として世界中を飛び回る愛の使者のBabbieさんに心からのLOVEを送ります。

ご用意してくださった春爛漫のランチも愛いっぱいで超美味しかったです。

d0050616_1531854.jpg久々、虹パワーを感じたな~。初めての英語での易もよい体験でした。やっぱりシャスタが大好きだという素敵なエイミーと。服の色も髪の色もまるで姉妹みたい^^?

なんかやっぱりキーワードは「シャスタ」なのです。シャスタが繋げるご縁はほんとに広さ&深さ知らず、です。
[PR]
by serendip888 | 2008-03-27 15:53 | 出会い

春分の日

春分ですね。昼と夜の長さが同じになる日。そして今日を境に昼が少しずつ長くなって来ます。今日は何か不思議な日で、いつも凄い量でやって来るジャンクメールがほとんど来ない。普段の50分の1以下の分量なのです。驚きです。なんだろう?世界が突然、ジャンクメールを送るのを止めたとしたら凄いことです。これがアセンションでなくてなんだ?って感じですね。

世の中に今起こっていることは陰陽真っ二つに分かれているような気がします。チベットのこと、イラクのこと、ひとつの局面がただそこだけではなく、いろんなことに繋がっています。世の中が悪いのではなく、自分の心の反映が世の中の姿だと思えたらその瞬間いろんなことが一瞬に黒から白へと変わるのでしょうね。陰が極まって陽に変わる瞬間。しかしそれで終わりではなく、陰も陽も同じ分量で共存し、全てがバランスの中にある中庸という世界があるのだと思います。春分の日はそんな中庸を思わせる日。そんな日にジャンクメールがぴったりと来なくなるなんて、なんか希望を感じますねえ。

チベットのことがあったので、易のブログにもダライラマのことを書きました。よかったら覗いてみてください。
http://redskywalker.blog.shinobi.jp/

それともうひとつ。
山川亜希子さんのメルマガで紹介されていたエクハート・トーレとオプラ・ウィンフリーのスピリチュアル・ティーチング、大切なことが丁寧に説明されていてとてもよいです。世界中で200万人の人達がアクセスしているとのことです。アメリカからこういうスピリチュアル・ムーブメントがあるというのはホントにうれしい。英語ですが、興味のある方はぜひアクセスしてみてください。
http://www.oprah.com/obc_classic/webcast/archive/archive_watchnow.jsp

希望を感じる春分の日でした。満月も近い!
[PR]
by serendip888 | 2008-03-20 11:54 | 独り言

非暴力

チベットが今、大変な状況にあります。

ダライ・ラマ14世は私にとっていつもその存在を思うだけで心を暖かくしてくれる人生の素晴らしい師です。数年前にベイエリアで行われた3日間のティーチングに参加した時、その存在だけで、チベット仏教の真髄である「コンパッション=慈悲の心」を感じることが出来ました。今、その法王の心を思うと、とても心が痛みます。

以下は精神世界の鉄人さんがメルマガで送ってくれたダライラマから最高僧侶として認められているリンポチェからのメッセージです。チベットでの紛争が世界に大きな波紋を投げかけている今、このメッセージが一人でも多くの人の心に届くことを願ってやみません。

------------------------------

「リンポチェからのメッセージ」

I am deeply concerned over the cultural genocide happening in many parts of Tibet. The Tibet nation is facing serious danger.

Tibetan have been very forgiving and engaging in peaceful protest in Tibet and many parts of the world.

Recent semi violent protests are a manifestation of the deep-rooted dissatisfaction of the Tibetan people under the present governance.

I appeal to the international community to take the moral responsibility to remind China to be a good host for the Olympics and respect human rights.

I also appeal to the Chinese leadership to stop using brutal force towards Tibetans in Tibet.

I urge all Tibetan supporters to do the same appeal to the international community and to the Chinese leadership.

I also urge all my Tibetan brothers and sisters to deal this difficult situation with compassion and not to resort to violence.

With my folded hands at my heart,
I pray with my great compassion,
May there be peace and harmony,
May there be unity in Tibet.

Za Choeje Rinpoche


私はチベットの多くの地域で起こっている文化的虐殺に
大変おおきな懸念を抱いています。

チベット国家は深刻な危機に直面しています。

チベット人は非常に寛大で世界各国と平和的に係わってきました。

最近の激しい抗議は自治下(中国政府)のチベット人の根の深い
不満の現れです。

私は中国がオリンピックの良いホストとして、人権を尊重することを
思い起こすために国際社会に訴えます。

私もチベットで中国がチベット人に残忍な武力行使を
行っているのをやめるように中国の指導に訴えます。

私のチベットの兄弟、そして姉妹にこの窮状を慈悲をもって、
暴力に走らないように訴えます。

私の組まれた手がハートに、
大きな慈悲で祈ります。
そこに平和と調和がもたらされますように。
チベットが統合されますように。

ザチョゼ・リンポチェ

ダライラマをサポートする署名運動
http://www.avaaz.org/en/tibet_end_the_violence/9.php?cl=6361776
[PR]
by serendip888 | 2008-03-19 04:40 | お知らせ

シャスタが繋げるもの

d0050616_4145793.jpgシャスタの写真家・中尾さんの写真展@オークランドに行ってきました。

「Water Window」と題してシャスタの水をテーマに力作揃いでした。写真の素晴らしさにも感動したけれど、この日を迎えた中尾さんとひろ子ちゃんの出会いとそのスパークにも感慨無量の思いでした。シャスタを通じて知り合ったひろ子ちゃんと中尾さんがいつの間にかパートナーシップを組み、すったもんだを繰り返しながらも、二人が積み重ねて来た日々が今こうやって形になったこと。d0050616_4153676.jpgそしてその二人の出会いのスパークが多くの人にシャスタの光と感動を伝えていること。男性性、女性性の融合の山と言われるシャスタならではの出会いが産み落とした今日の個展&イベントでした。夜のイベントでは中尾さんの写真からインスピレーションを得てネイティブアメリカンのチャンティングや和太鼓やハープやインディアンフルートの演奏があり、幻想的な空気をかもし出していました。しかし、演奏の合間の二人の掛け合い漫才のようなトークがパフォーマンスとぜんぜん違った温度差で、また二人っぽくて面白かったです。これからはひろ子ちゃんは中尾さんのエージェントというよりは、二人の面白コンビで漫才やりながらシャスタの写真をプロモートしていったらいいんじゃないかな^^)。

d0050616_4223183.jpgd0050616_4172149.jpg満席の会場には終始なごやかな笑いとシャスタのヒーリングエネルギーが流れて、とても気持ちよい空間でした。そしてこの日のために日帰りでシャスタに汲みに行ったというサクラメント・リバー・ヘッドウォーターのお水も美味しかったです。その二人のイベントにかけるパワーがなによりの成功の鍵だったのでしょう。

私もお気に入りの写真を2点購入。中尾さんからのチャネリングメッセージはによると、私のエネルギーは今、全方向に向けて拡張しているとか。いろんな可能性に意識が開いています。まったく新しいこと、可能性、次なる扉。始まっています。

今日この日この会場で、私にもまたシャスタマジックの出会いがありました^^)。

シャスタが繋げてくれるものの大きさに感動の日々。
d0050616_4242794.jpg

[PR]
by serendip888 | 2008-03-17 04:34 | シャスタ

BIO FOOD in SFジャパンタウン

今日はBIO FOOD料理教室で友達になった皆さんとポットラック&ガイアシンフォニーを観る会でした。星野道夫さんの第三番、やっぱり私にとってガイアの原点・・・。易のブログにも書いた星野さんのことが今日再び映画を見直して改めて胸に染みました。星野さん自身が自分が熊に襲われて死ぬということを多分魂レベルで既に悟っていたのですね。星野さんのことをもっともっと知りたくなりました。そしていつかガイア三番もこのサンフランシスコで上映せねば、と心新たになりました。

d0050616_11621.jpgさて、BIO FOODのお知らせ。今月末までの期間限定でサンフランシスコ日本人町の喫茶店「TanTan」(紀伊国屋横)にてAyakoさんのBIO FOODが頂けます。

メニューは、
テンペバーガー
イングリッシュマフィンとポレンタ
ピタパン
ラスクパンとサルサ
トルティーアラップ
蕎麦サラダ
キヌアサラダ
葉野菜のサラダ
パスタサラダ
本日のスープ

飲み物
穀物コーヒー
くき茶
タンポポ茶
玄米茶
びわ茶
デザートもあります!

など等、AyakoさんのオリジナルBIO FOOD満載です。

ヘルシーでオーガニックで美味しいものばかり。ジャパンタウンに行かれたらぜひお立ち寄りください。3月末までだそうです。

*写真は今日のポットラックで各自持参したAyako師匠から習ったBIO FOOD。美味しかった!自分、玄米サラダ担当。やればできるじゃん^^)。
[PR]
by serendip888 | 2008-03-13 11:13 | お知らせ

サンカルロスの紅茶屋さん。

d0050616_1110561.jpg今日はスピリチュアル大先輩のBさんが我が家の近所までいらっしゃるというので、お茶をご一緒させて頂きました。場所は凄いローカルなサンカルロスという隣町のダウンタウン。コーヒーやめて早3週間、よっぽど美味しい珈琲でなければもうあまり飲む気も起きなくなったので、以前から入ってみたかった紅茶専門店にお連れしました。アメリカで紅茶専門店ってのはかなりレア。お昼時ということもあって、気がついたら店内満席。どうもここは近所のご婦人、お年寄り達に人気のようで、窓際には80歳くらいの銀髪のおばあちゃんがまるで蝋人形のように座っていたのがちょっとぎくっ!としましたが^^;)。いや、しかしティーセットについてくるスコーンがでかい・・・。たっぷりの生クリームとイチゴジャムが付いて来ます。ヨークシャー・ゴールドという聞きなれないお茶を頼んだら、なんか韓国式スチームサウナのよもぎのような香りがして、ヨークシャーというよりもヨークサッというお味でした。ミルクをたっぷり入れたら匂いが消えて美味しく頂けましたが。

久々のイングリッシュアフタヌーンティーを素敵な紳士とご一緒できて、人生のいろんな深いお話も聞けて楽しかったです☆

しかし紅茶もカフェインたっぷりやん!ぜんぜんデトックスになってないやん・・・ね。
[PR]
by serendip888 | 2008-03-12 11:14 | 独り言

極まり転じる。

ブログをやっててよかったナ、と思うのは、こんなとっぴなヘアスタイルになっても、知り合いが大して驚かないこと。みんなブログを見ていてくれるみたいで、もうずっと以前から金髪ヘアだったように何事もなく、「ふふっ・・・」って感じで交わしてくれる。そうなると逆に闘志が燃えて、「次はどんな奇抜なヘアに・・・」とか思いはじめるから人間怖い。どうも私は人から「変わってる」と思われるのが好きみたいですねえ。あ~、あの人だからしょうがない・・・と言われることにそこはかとない美学を感じてしまいます^^;)。しかし、思うに、この世はすべて「極まり転じる」という変化の中の不変の法則がある、と。昨日日本から写真展のためにやってきた収穫の女神ことひろ子嬢と韓国風呂に入りながら、焼肉を食べながら、久々にいろいろと語り合って思ったこと。何事もやりつくす、行き尽くす先は思い切りのシフト変換があるんですね。この極まるまでやる、ということも大切だけど、極まるまでやらない、というのもまったく同じ効果というかコインの裏表であるのでしょうね。人生全体で見れば両極を生きるにしろ、中間を生きるにしろ、絶対エネルギーは同じなのかもしれない。人に与えられているエネルギー量がみな等しいならば、それをどう使おうが全てOK。ただ、人のエネルギーを奪う「エネルギー泥棒」だけはいけませんが。

私みたいに日々呆然と過ごしながらも一瞬のスパークで生きているのもそれはそれでアリか。久々銭湯に浸りながらそんなこと考えていました。

極まって金髪、さて次は一体?
[PR]
by serendip888 | 2008-03-10 02:20 | 独り言

桜咲く。

ヘアカット@Yoshiさん。

今回は季節柄、桜をちらりと咲かせてもらいました。いつもながらお見事なセンスで遊んでもらっています^^)。カラーをしてる間の待ち時間、ランチ食べたり、お茶飲んだり、雑誌を読んだり、ストレッチしたりと結構忙しいんだけど、通称お兄さん(実際にYoshiさんのお兄さんですが)がいつもなら日本のファッション雑誌を持って来てくれるところ、唐突に手渡されたのが「生かせ いのち」(高野山真言宗宗務総長・医学博士・阿部野竜正著)と細木数子著「真の幸せをつかむ 六星占術の極意」。えっ、またなんで?って感じですが、「みさおさんはまだ弱いからね~」とお兄さん。一体何が弱いのかよくわからないのですが、お兄さんは細木数子の大ファンらしく、私に彼女のようなご意見番になってほしいのだって。しきりに彼女の人生訓の素晴らしさを語ってくれる。実は六星占術では私、細木さんと同じ土星(-)人だったりするのですが^^;)。土星(-)人は正義感の塊で、自分の義を死んでも通す理想主義者なのだそうな。確かにその辺は頑なまでに土星人です、私。時にはその正義感が自分の首を絞め、人間関係を狭くしてしまう要因にもなっているのですが・・・。小さい頃から成りたかったのは「正義の味方」。d0050616_3495191.jpgいじめられっ子がいるといつでも参上して、やっつけてあげるのが私の役目でした。いじめっ子を棒持って追いかけたこともあったなあ。そして今の私の目標はルーク・スカイウォーカーになること。小さい頃に振り回していたライト・セーバーの棒は今は筮竹となり、人として正しくある道を易を通して学ぶ日々。

まずは自分から姿勢を正さないと。細木さんのようにはなれないけれど。フォースと共に、義を通す人になりたいものです。

桜咲いて義を通す。なんか任侠の世界ですね・・・。
[PR]
by serendip888 | 2008-03-08 15:25 | 独り言

シンプルに生きよう

このところ、いろいろと脳内活動が激しく、あーだこーだ、どうでも良いこと、考えても結論でないことをうだうだと考え続ける日々。こういうのを「壁」と言うのかな。思考の壁は結構うにょうにょと層を成して厚いのでなかなか突破が難しいですね^^;)。

そんな時に入って来たニュースはビル・ゲイツを抜いてアメリカの投資家ウォーレン・バフェットが昨年の世界長者番付けのトップになったこと。ウォーレン・バフェットと言えば「Oracle of Omaha=オマハの御神託」と呼ばれている程のカリスマ大投資家で、常日頃この人のひととなりに大いなる関心を持っていたのです。大金持ちなんだけど、50年も前に3万ドルで買った家に未だに住んでいる。80歳近くにして車も普通のキャデラックを毎日自分で運転している。親から一切の遺産を相続せず、叩き上げで現在の富を築く。そして彼の死後、その遺産は慈善事業のために寄付されることになっている。最近、バフェットの養女が勝手にドキュメンタリー映画かなんかに出て、養父のことを誇らしげに語ったとかで、売名行為も甚だしいということで、絶縁されたそうだ。

なんか、彼のことを聞くと、無刀流の柳生一族を思い出す。将軍の側近にも係わらず、大名に取り上げられるとニュートラルな立場でご意見を言えなくなるというので、あくまでも一歩距離を置いた立場で世作りに協力。特に宗矩は将軍・家光に寵愛を受けていた息子が家光から特別に取り立てられるのを危惧して、家光好みの端正な息子の顔を稽古中に思い切り叩いて、その後、家光の側から離れさせた。

ウォーレン・バフェットも無刀流に通じる何か人生哲学を持っているような気がする。どんなにお金を稼いでもあくまでも自分の生活はシンプルに。お金は贅沢をするためのものではなく、必要なところに必要なだけ廻るもの。「足るを持って知る」とはなんと身軽で自由なシンプルライフ。

「オマハの御神託」はチェリーコークが大好きで、毎日6本は飲むそうな。ランチはチェリーコークと、ハンバーガー。78歳にして・・・。いろんな人生があるけれど、私たちには想像もつかない賢人がこの世には存在するのだ。

思考の壁をぶち破ってくれそうなアメリカ投資王のお話でした。
[PR]
by serendip888 | 2008-03-07 04:01 | 独り言