ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2008年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

体の声

大分調子よくなったなあ、と思っていたらまだまだ体調戻らず。今日の夕方、ニューヨークから奈良さん達が到着するのにどーしよー・・・と必死で体調が良くなるように寝まくっていました。でもその間も電話やらメールのやりとりもしなくてはいけなくて、どうもよくならない。そこで、いつもの奥の手を使いました。「大天使ミカエル・・・、どーか体調をよくしてください」。そうだ、健康管理は「大天使ラファエル」の管轄だったっけ。それでラファエル様にも出動してもらって、体調改善をお願いしました。そうしたら、ミカエル、ちょっと荒業を使ってくれたようで、奈良さん達のフライトが遅延。3時間も遅れることになって、その後に予定していた会食も中止となり、私の替わりに友人のあゆみさんが出迎えてくれることになり。私は今日一日なんとか家で過ごすことが出来ました。体調も大分よくなって、明日からのスケジュールをなんとかこなせそうです。いやあ、ほんとに大天使の働きの凄いこと。飛行機遅延もそれぞれの理由で、それぞれの人生にそれぞれの意味があるに違いないですが、私にとっては自分の体を大切にする時間を頂けて、ほんとに有難いことでした。

体が弱ると、人はいろんなネガティブな感情が起こって来ますね。私の場合は、体を持っていること自体がめんどうくさくなってくる^^;。ああ、人間やってるのも楽じゃないって。でも、そんな時にいつも思い出すのが母のこと。母はやはり体が丈夫な方ではなかったから、よく朝になると、ふとんの中から起きてこれずに頭痛薬のお世話になっていました。何処が悪いわけでもなく、なんとなく調子が悪いという状態というのもとてもしんどいものだっただろうな、と今、母の歳になってわかるようになりました。その後母は、ALSという病気にかかって、5年もの間、体を動かすこともしゃべることも食べることもできず、病院での生活を余儀なくされました。そんな状態でも5年間も頑張って生き抜いたその生命力に、今は尊敬の念さえ抱きます。

でも体って不思議で、体調の悪い瞬間瞬間にやってくる、少しでもポジティブな状況を捉えて、ひたすらそちらに意識を向けてあげると、気分も新たに生命力がまた蘇ってくるのです。やっぱり「生きたい」と体は生命信号を出しているんですね。その信号に気づいてあげることが出来れば人はまだまだずっと向こうまで歩いて行ける。

今よりももっともっと健康で幸せな自分の未来を見たいなっていう、体の声が聞こえました。

さて~、明日から本調子でがんばろ~。大天使ミカエル、ラファエル、よろしく~。
[PR]
by serendip888 | 2008-05-31 11:51 | 独り言

私の愛する人達

小学校低学年の頃、あやこちゃんという同級生がいた。あやこちゃんは転校生で、顔色は青白くやせていて、いつもひっそりとおとなしく、転校して来て早々にクラスメートのいじめの対象にされていた。そんなあやこちゃんを私はいつもそばでじっと見守っていた。正義感が強くてボーイッシュだったから、私は一度もいじめにもあったことがなく、いじめをする同級生に正義の剣を向けていた。私もあやこちゃんと同じくらい細くて、足も手もひょろひょろで、小学生の頃のあだ名は「ごぼう」だったけれど。おしゃべりだったので、「大口ぺら子」というのもあったな^^;)。その活発で正義感に満ちた私はあやこちゃんのような弱い存在にいつも心が痛んだ。どうして同じ人間なのにいじめられる人といじめられない強い人がいるんだろう?いじめられる人は道端の草花や鳥の声に耳を傾けるような心優しい人が多いのに。そういう優しさは生きていく上で邪魔になるものなの?あやこちゃんの繊細でたよりなげな横顔を思い出す。今ではどんな人になって、どんな生活をしているんだろう。あの時、学校の帰り道に「いっしょに帰ろう」と言ってあなたの横を歩いていた同級生の大口ぺら子ちゃんをあなたは覚えてくれているでしょうか。

私の愛する人達。自己主張することなくそっと道端に咲いている野の花のような人。その花を踏まずにそっと守ってあげたい。それが雑草でも打たれ強い私の役目かな。
[PR]
by serendip888 | 2008-05-30 13:21 | 独り言

ちょっとダウンしてました。

先週末、シャスタから帰って、風邪気味でダウンしていました。今週末からイベントが相次ぐので、なんとしても治さねば、とひたすら寝まくり、汗を流し。なんとか回復してきました。最近歳のせいか、体力落ちてるなあ、としみじみ実感しました。気持ちはいつまでもティーンエイジャーのつもりなんだけどねえ・・・。お酒も飲まないし、タバコもすわないし、何も悪いことしてないのに、しっかり体は老化の道を辿っている^^;。人間というのはやっぱり大変ですね。この肉体、早くアセンションでもして、もっとライトボディーにならないと!!!

先週末のシャスタはお天気に恵まれず、ほとんどお山も見えない上、ハイキングも出来ずに超寂しかったのですが、その変わり、初めてアシュランドまでドライブしました。これでオレゴン州初デビューを果たしました。アシュランドはシェークスピアフェスティバルで有名な、とてもコージーな素敵な町並みでした。今度はゆっくりシェークスピア劇を観に行きたいです。そしてシャスタではWeedにあるビール工場のテイスティングに行ってきました。とか言ってもぜんぜん飲めないので、赤ら顔の男たちを横で見ているだけでしたが^^;。こちらのレポートはシャスタ大好き!にアップしたので、ご覧くださいませ。

気分転換にブログも模様替え。いや、今回の写真はなんとスッピン。黄色いTシャツがチューリップのデザインと合っていたので、思い切って?大公開。

なにせ病み上がりなので、許されよ。
[PR]
by serendip888 | 2008-05-30 11:43 | 独り言

何処にいてもシャスタな私

突然ですが、お習字始めました。前から自分の名前を筆で書けたらどんなに素敵でしょう、と思っていたので、ん十年ぶりのお習字に燃えそうです。なんだか書いた文字が日本に送られて、級とか段ももらえるとか。目指せ七段!まあ、今日はお試しの一回目なので、とりあえず長続きするように頑張ります。

そのお習字教室で、習っている小学生の女の子のお母さんが彼女を迎えにやってきました。そうしたら突然、「あらっみさおさんでは!」とお声をかけて頂きました。以前一度Ayakoさんの料理教室で一緒だった方で、「シャスタのガイドブックを買って、シャスタに行ったんです」と仰ってくださいました。身近にそんな方がいるのはほんとにうれしいですね。そうしたら後からいらしていたとても見目麗しい生徒さんが、「えっ、私もシャスタが大好きなんです!」と目をきらきら輝かせながら仰います。おお、凄いなあ。このシンクロ!シャスタの波はこのベイエリアでもどんどんと広がっている。更にその美しき女性、シャスタを知ったきっかけはわが盟友、収穫の女神様のブログだそうで。「あの文章が大好きなんです」と言うことでした。でかした!ひろこちゃん!この調子でどんどんシャスタをみんなに伝えよう!心新たに誓いを立てました。

何を始めようと、どんな新しい扉を開けようとも、いつもシャスタとともにいる。人生楽しい☆
[PR]
by serendip888 | 2008-05-24 12:15 | 独り言

人生はいつもワダチの外にある?

今日は間違い電話が多い。「This is a message for Jason...」、うちにはJasonは居ません。「あっ、中井さん?藤田ですけど・・・」。うち高原です。しかし日本人から間違い電話掛かって来るのも妙にリアルな、というか、ここは何処?藤田さんも中井さんも電話番号交換した覚えはまったくないんだけど???

人生とはいつもワダチの外に起こる不思議な現象なのかもしれない。一生懸命やってるんだけど、どうも空回りしちゃったり、何が何だかわからずにやっていることが大当たりしちゃったり。ちょっとばかり道をはずした向こうになんか楽しいことが待っている。だから何があったって大丈夫だってことを忘れない。ただ、目の前の状況をそのまま受け入れて、苦しいことは苦しいことでそのまま体験しよう。きっとその苦しいことの先に思いもしなかった楽しいことが待っている。

今日はニジヤで買い物して、お昼のお弁当を買って、どこか景色のいいところで食べようと車を走らせた。280沿いの丘にあるビスタポイントに行ってみたけど、駐車場からの景色がイマイチで、適当に山道を走ってみた。そうしたらいつの間にかまた前の道に戻っていて、結局家の近くのトレイル沿いに車を停めて、車の中でお弁当を広げた。ここまで来たら何も家に帰ってお茶でも入れて食べればいいものを^^;。でも今日の気分はやっぱり「ワダチの外」なのだ。風に吹かれながら外で食べるお弁当って自由の味がする。

風に吹かれるだけで「しあわせ」と感じる、そんな時までもがいてみるのも人生かな・・・。
[PR]
by serendip888 | 2008-05-21 10:05 | 独り言

前進。

ロス、ラグナビーチへの旅は凄く楽しかったです。南カリフォルニアの陽気はどうも私の肌に合っているようで、1000マイルのドライブもまったく疲れ知らずで、エネルギーをいっぱいもらって来ました。多分、私にとって「ひとり旅」っていうのが一番自分を元気にしてくれるサプリメントなのかも。ありったけの着替えを車のトランクに詰めて、好きなCDをガンガンにかけて、気ままにドライブ旅行。そして行く先々で素敵な出会いがある。生きているのが一番うれしい瞬間。

いろんなことが一瞬、後退しているように見えても、人生常に前進している、最近感じること。何があったって人生。自分の人生だから、ほんとに好きなことだけして暮らしたい。何にもとらわれず、何にもこだわらず、吹いてくる風に指を立てて、その日の方角を決める。そんな気ままな航海のような人生を送りたい。いつか大好きな人だけそっと心の中に住まわせて、それでもひとりでそっとこの世を去る日まで、ずっとずっと風に吹かれて航海を続けたい。

南カリフォルニアで天使の羽をもらって来ました。

これからもっともっと自由に大空にそして大海原に羽ばたき航海していこ~っていう元気と勇気とエネルギーを充電して来ました。

だから、今日も、ぜ~んしん!
[PR]
by serendip888 | 2008-05-19 13:21 | 独り言

天使の風

南カリフォルニアに来ています。かつて天使が舞い降りたという砂漠にロスの友人が連れて行ってくれました。砂漠が好き。乾いた大地に乾いた風。5月の風は思い切り優しくて、まるで天使が風に乗って背中を優しく、でも力強く通り過ぎて行くようです。かつて自分の背中にも付いていたであろう天使の羽を大きく広げて、真っ青で大きな空に向かって天使に呼びかけました。「いつも私の助けてくれてありがとう。これからもずっと一緒に居てね!!!」と。

Los Angeles、天使の街。今回の旅は先日シャスタで助けられた大天使ミカエルへの感謝の旅のようです。

5月の風に誘われて天使と一緒の旅。明日はラグナビーチをぶらぶら。時間があればエンシニタス辺りにも足を伸ばしてみたいな。
d0050616_8122422.jpg

[PR]
by serendip888 | 2008-05-15 08:15 |

チャリティーコンサート ~光の旋律~+ドラムサークル

■小林珠紀さん追悼チャリティーコンサート
~光の旋律~+ドラムサークル


奈良さん、麻喜さんと共通の友人、小林珠紀さんへの追悼の思いを込めてチャリティーコンサートを開催します。当日は奈良さん達のパフォーマンスに加えて、ドラムサークル(太鼓や好きな楽器を持ち寄り、みんなで輪になって共音の場を作ります)も行われます。収益金はガン患者のサポートをする非営利団体Carlottee Maxwellへ全額寄付されます。どなたでも参加出来ますので、趣旨にご賛同くださる皆様、どうぞ当日足をお運びください。

奈良裕之さん&青柳麻喜さんからのメッセージ:
去年の10月、ここサンフランシスコを訪れ、サンフランシスコ在住の日本人の方々やシャーロット・マックスウェル・クリニックの方々と交流する事ができました。そのきっかけをくださり、私達をサンフランシスコに招いてくださった小林珠紀さんが、癌の療養中、トムさんやお母様に見守られながら、4月10日、静かに光の世界へと旅立たれました。
珠紀さんは、通訳としてアメリカと日本の橋渡し役に人々の言葉(こころ)を繋ぎ、また僧侶としての修行と祈りと瞑想の日々を送られ、ヒーラーとしての研鑽を積まれて、死にゆく方たちのケアーをしたいと願っておらました。いつも何時も、病いの床にあっても、周囲に心を尽くし、助けの手を惜しまない方でした。彼女にどれだけ多くの方が、励まされ、勇気をもらった事でしょうか。。
彼女の魂はこれからも光の存在となって、私達のハートの中に生き続けるでしょう。
彼女に感謝を捧げ、お冥福をこころよりお祈りしたいと思います。

この会で集まったお金は、生前珠紀さんと深い交流があり、もし珠紀さんがお元気になられたならば、このセンターで人々の為に尽くされてたであろう、シャーロット・マックスウェル・クリニックに寄付させていただきます。

日時:6月1日(日) 午後2時半会場 3時開演
   午後3時~4時半 ライブ&ドラムサークル
   4時半~5時半 Tea Reception (お茶とお菓子のサービス)
場所:桑港寺(サンフランシスコ ジャパンタウン )
   1691 Laguna Street SanFrancisco  CA 94115 U.S.A.
参加費:10ドル(12歳以下のお子様10ドル) 
お申し込み、お問い合わせ:
   高原操 misao_t@yahoo.com


ライブの後、6時半からは「1/4の奇跡~本当のことだから~」の上映会があります。こちらもぜひ併せてご参加くださいませ。
[PR]
by serendip888 | 2008-05-12 03:14 | お知らせ

易の教え

宇宙人の私がなぜか、この世で易を与えられて、この不思議な人間界と自然界の法則というのを徹底的に学ばされています。易を立てる度に生きることは大変で、時に過酷で、でもどんな状況でも必ずそのコインの裏表に光があることを学びます。今日もある知人の困難な状況をどうやったら良くなりますか?と易の神様にアドバイスをもらうために易を立てました。もう生きるのも苦しいくらいの困難です。でも易はどんなに苦しくても絶対に未来は明るいということを教えてくれました。自分の内側の光を信じ、人生の暗闇の夜明けを信じ、大きな夢を持ち、そして人生はいつでもやり直せること、それを忘れずに生きろ、と教えてくれました。その絶対ポジティブな生命力がどんな困難な状況でも光に変える魔法の力なのです。まずは潔く全てを手放し、まったくの振り出しに戻るのも良し。全てを失うことを恐れずに、一番大切な自分の中の光だけを持って人生やり直す。そうしたらこれまでの苦労は全て天からのギフトのように、生きることの素晴らしさを感じれる、易はそう教えてくれました。

地球に生きることは一番の学びの道だなあ。ほんと、有難いです。
[PR]
by serendip888 | 2008-05-10 12:34 | 独り言

記憶

海外に住んでいると周りはほとんど外人なわけだけど、今日はポカポカのお天気の中、サンフランシスコの観光スポット、ユニオンスクエア周辺を歩いていて、妙に不思議な気持ちに捕らわれた。自分はこんな「エトランゼ」な感覚が肌に合っているんだなあ、と。それはきっとスターピープル定義を読んだ後であまりにも自分がツボにはまっていたので、遠い自分の星に思いを馳せていたからかもしれない。なんか、感覚的にどんどん思い出す感じなのです。この地球が自分にとってどんなにエトランゼであったか、ということを。ちっちゃいころ、土の上を歩けない子だった。大地のじくじくした湿度感が怖くてたまらなかった。ほんとに寒気するほど怖かった。だからマンハッタンやサンフランシスコやヨーロッパの石畳が好き。あれはきっと星の記憶なんだろうか。石やクリスタルで出来た惑星・・・。都会の雑踏を歩くのは好き。一人で歩いていると妙に切なくも愛おしい孤独感が溢れてくる。家族の中にいる時もおんなじ孤独感をよく感じていた。どうも空から落っこちてきちゃったんだなあ、自分は。子供の頃からそのことを知っていたことを思い出した。

思い出すっていうのは凄いパワーかもしれない。だって、本当の自分ほどパワフルなものはないから。弱い自分、未熟な自分、無謀な自分、そんな自分の一番核に虹色に光り輝くクリスタルの自分がいる。

みんなも今、本当の自分のこと、思い出し始めているんだろうなあ。

寂しいから喜び、悲しいからうれしい。切ないから愛おしい。

この世界はほんとにワンダーランド、なんでもあり、なんだよね^^。
[PR]
by serendip888 | 2008-05-09 12:30 | 独り言