ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

天命。

d0050616_10455886.jpg私は常日頃、「自分の天命は?」なんていうことばかり考えているのだけれど、シャスタの清らかな自然の中を歩いていて、ふと沸いてきた思いがあった。生かされて生きること。これが天命そのものなんじゃないか、ということ。天命にはあれをやれこれをやれ、という枠は一切存在せず、今生きていることを100%感じて自分がその生を100%楽しみ享受していること。それが天命を生きている瞬間。な~んだ、天命ってそんなに簡単なこと。そして私はもうすでに自分の天命を生きている。そのことを実感した。そうしたら途端に生きることがシンプルになっちゃって、私がやることはただ、今を生きることだけだったと気づいた。ガイドブックを書いてシャスタの顔になることもビジネスで成功することも、天命そのものとは実はあまり関係ないんだな。それをやることによって自分の生が輝いて、生きていることが楽しければ、それは天命を生きることを助けてくれる人生のひとつのツールに過ぎない。人は何かを表現して、自分の価値を世に見出だそうと頑張る。でも本当は何も頑張らなくても吹く風が至福を運んでくれる。でもでも頑張って自分の世界を創るのはやっぱり人間ゲームとしては最高にエキサイティングだから、それをやるのも楽しいよね。何もしなくても何かをしてもどっちでもOKなら、やっぱり私はエキサイティングな人間ゲームを選ぶかな。

そういうことが見えて来て初めてほんとにやりたいことが目の前に現れ出した。「やること」を選んだのなら、やっぱりとことんやろう。それでもってちょっと疲れたら、またあの至福の風に吹かれに行こう。

やっても天命。やらなくても天命。あなたならどちらを生きる?
[PR]
by serendip888 | 2008-07-31 10:48 | 独り言

シャスタで新年^^ -New Beginnings-

行って来ました。ひとりシャスタキャンプ第二段!!!

d0050616_2244062.jpgパンサーメドウズは更に色とりどりのお花で癒しエネルギー全開で迎えてくれました。いつも言っているような気もするけれど・・・、今回のパンサーメドウズは今までで一番美しかったかも。毎回が山の完璧なる気の中にあるのでしょうね。しかし、この美しい草原にただひとり、ぼーっと時を過ごすことの至福というのは言葉に尽くしがたい。この世界中がこの一瞬の中で完璧で平和に満ちてあるがままの美の中にある。自分も自然の中の一部になる。私、初めてその感覚に包まれました。自分の日頃のモードがすっかり変わり、歩くスピードも脳の動きもこのエネルギーに同調している。日常では味わったことのない、完璧な平和。思考も止まり、今ここの静けさ。大地に寝るということは私に心の静けさを教えてくれました。普段、大波小波のようにハイパーに動き回る自分のマインドがもうしーんと静まり返って、それでいて完璧なる至福感。これを味わうともうほんとにやめられない、ひとりキャンプ。

d0050616_225467.jpgしかし、ハプニングもいろいろありました。実は準備万端整えたはずが私、スリーピングバッグを忘れてました^^;。気がついたのはすでにパンサーメドウズへ向かう山の中。一気に脱力。ああ、今回のキャンプ、あえなくボツ?このまま帰るのも何処かに泊まるのも、それではあまりにも悲しい・・・。そこで頭の中の電球がぴかっと光りました!「レンタル!!!」そうよ、シティーにはスポーツ用品店があって、そこでキャンプ用品レンタルしていた。それでなんなくクリアして無事キャンプ出来ました。やるとなったら絶対やる。これが魂の求める道を行く者の鉄則?^^

d0050616_2253554.jpg今回はキャンプ帰りにシャスタクラブに一泊。これも凄いエキサイティングなタイミングでした。なんかちょうどマヤ暦の大晦日だったようで、翌日はシャスタクラブのリビングから新年のご来光を拝むことが出来ました。実は前回のキャンプの時も偶然ViViFYでディナーをしていたシャスタクラブ一家に遭遇して、その後、一泊させてもらったのだけど、ここで素晴らしい出会いがあり、これからの私の人生に素敵な可能性の扉を開いてくれたのでした。シャスタクラブは私にとって宇宙銀行かな^^?今回もかなり面白い展開になりそうな情報をゲットしてきました。そのうちどか~んとご紹介しますので、お楽しみに!!!

ワイルドに自然と繋がり、本来の自分の魂を思い出す旅、そして新たな宇宙ゲートを開ける旅。今回もシャスタはマジカルワールド。シャスタの自然の中を一歩一歩歩きながら、人ってほんとに変われるんだ、ということを実感しています。だって、このアタシがひとりでキャンプだもんね・^^。

まさに天命開花です^^。
[PR]
by serendip888 | 2008-07-28 02:40 | シャスタ

歩くシャスタ?!

私は日ごろ、ああなりたい、こうなりたい、という未来のビジョンはあまりないんだけれど、昨日一緒にランチをしたAちゃんの一言で、これいいなあ、とインスパイアーされた未来のビジョン。「歩くシャスタになる」。自分の中にシャスタのエネルギーが流れて、シャスタの風や水や光のエネルギーを内から発信できたら、なんか凄い素敵だなあ、と。今の私のエネルギーの向くところはダイレクトにシャスタの自然と繋がること。先週のシャスタキャンプで洗礼を受けて、今私の中でもの凄い大きなエネルギーの流れが起こっている。この流れ、一気に大きな大河へと向かっていく気配。もう理性ではどうにもせき止められないから、この流れに乗って一気に大波を乗り越えてみようかと・・・。

そんでもって明日からひとりシャスタキャンプ、再び^^。

「歩くシャスタ」を目指して、心地よく楽しく大きく流れて行きます。
[PR]
by serendip888 | 2008-07-23 06:13 | シャスタ

よじ登る。

d0050616_12412343.jpg新たな挑戦の日々。キャンプしてからどうも脳細胞の活性化が起こっているようで、なんか新しいことを無性にやってみたくなる。で、今日は壁をよじ登ってみました。キャンプからの帰り道、バイオニックジェミーになった気分がしたのはどうもなまじ冗談でもなかったりして?^^とはいうものの、垂直よりもさらに手前にのしかかってくるような傾斜の壁をよじ登るのは至難の業。体重40キロの軽量ですが、重力に逆らい、普段退化している腕と足の力を頼りによじ登る、よじ登る・・・。腰に付けているオレンジ色のバッグは手につける滑り止め用のチョークバッグ。いやあ、やっぱり壁をよじ登るのもツールです。この技を覚えたらシャスタ山頂も夢ではない?しかし、私、いったい何処へ行ってしまうのか・・・、自分でもちょっと怖い。なんか最近妙に男前な気がして^^;。

明日は思い切りフリフリのおしゃれして出かけよう。

しかし今週はまた、ひとりシャスタキャンプをもくろんでいるのであった^^。

脳細胞の活性化、これが起こり始めると、もう自分でも想像出来ない世界に突入するようです・・・。
[PR]
by serendip888 | 2008-07-21 12:54 | 独り言

月下美人

満月ですね。

今日、お習字のお稽古に行って、お庭に咲く月下美人という花を見せて頂きました。年に一回、それも真夜中の数時間だけ咲くのだそうな。それは真っ白で大変大きな美しい花でした。私が見た時はもうかなり萎んでしまっていたけれど、真夜中に満月の光に照らされて咲くその花の美しさそして妖しさを想像しました。

暗闇に月の灯りだけをスポットライトに、そんなにあでやかに、一年にたったの数時間、一体誰のために咲くのだろうか。

なんだかとっても色っぽい花でした。

そんな潔くも自己主張の強烈な花のような人生を送ってみたい^^。
[PR]
by serendip888 | 2008-07-19 12:56 | 独り言

ひとりキャンプの醍醐味

d0050616_34164.jpgある時、ふと気がついたら、まったく想像もしなかった新たな世界にいた。ひとりキャンプは私にその驚きと感動をくれた。過去のひとつひとつの体験が今の私を造っているとしたら、人は明日の自分を予測できるはずなのに、自分の未来なんて、どう変化していくのか、ほんとうは自分でもまったくわからないものかも。でもそれが輝きながら生きている魂の進化かも。ひとりキャンプが教えてくれたことは、人はやっぱり一人だということ。人とやるキャンプももちろん楽しい。役割分担があり、ご飯を作ってくれる人がいて、その場の楽しさを共有できて、人生について語り合ったり・・・。でもでも、シャスタを真正面に、そのエネルギーだけの中にいること、そして自分の中にそのエネルギーをどか~んと頂く。もう他に何もいらない、至福の時。人という存在は大自然のエネルギーと繋がって初めてその輝きを認識出来るんだなあ、と思う。かつて星野道夫さんの歩んだ道を私もほんのちょっとだけど、垣間見ることが出来た気がする。ひとりで自然の中に身を置く時が彼にとって最高の至福の瞬間だったのだろうか。山を仰ぎながら、ふと、ああ、ずっとこうしd0050616_3452897.jpgていたい・・・と思った。もし帰るべきお家がなかったら、いつまでもいつまでもこうして何も考えず、ただぼーっと山を見つめていたかった。シャスタの神様が私に用意してくれたキャンプスポットにはなんと広い裏庭(?)があって、そこからはシャスタを一望出来る。多分全部で10個あるサイトのうち、この景色を拝めるのはこのスポットだけ。さすがに今回はシャスタの神様の存在をビリビリと感じる凄い体験だった。ひとりでキャンプする、という、私にとっては前代未聞の大冒険をシャスタの神様は心から喜んでくれているようだった。私の中で、自分自身への大きな信頼も生まれた。人は時が満ちさえすればどんなことだってクリア出来る。あがけばあがくほど、宇宙はちゃんとその答えとご褒美を用意してくれる。

今回ほどシャスタの生のエネルギーを直接感じたことはなかったなあ。もう涙が出るくらいこの山に愛と感謝の気持ちでいっぱいになった。

なにかね、すっごい大きなものとちゃんと繋がった気がするんだ。
[PR]
by serendip888 | 2008-07-17 03:49 | シャスタ

恋するシャスタ!

行って来ました、サバイバル・キャンプ in シャスタ。

d0050616_162721.jpgさて、まずはキャンプサイト探しから。パンサーメドウズ。やっぱりここでしょう。どうせやるならここしかない、と心に決めていた。でも週末だから、空いてない可能性の方が大きい。それに到着したのはすでに午後5時をまわっている。しかし、シャスタの神様はやっぱりちゃんと特等のキャンプサイトをここに用意しておいてくれた。一個だけ空いていたスポットにさっそくテントを張りました。そのサイトは駐車場に一番近いので、最後の一個に残ったようだけど、これがなかなか、シャスタのお姿を一望できる眺め最高の場所。標高約7000フィートだから、夜はかなり寒くなるだろうと予想していたけれど、この日は風もなく穏やかな過ごしやすい夜でした。同行のドラゴン氏(仮名)に作ってもらったキャンプご飯も最高に美味しく、サバイバルには程遠い、なんともラグジュアリーなキャンプとなりました。もうほとんど泣きながら野宿させられた過去2回のキャンプとはまったく違ったゴージャスさ!いやあ、キャンプはいかに快適なツールを揃えるか、で天国と地獄の差ということを思い知ったのでした。

d0050616_1625034.jpgしかし、シャスタを楽しむ究極の選択はキャンプにあり、です!!!ほんとに凄い。山に抱かれる、まさに言葉通り、山のエネルギーをダイレクトに頂けます。8年通ったシャスタ。とうとう私をここまで連れて来てくれた。いやあ、私、ドラゴン氏とのサバイバル・キャンプの後、ひとりキャンプまでやって来ました。だって、山が呼んでいる。理性よりも体が魂が山のダイレクトなエネルギーを求めている。ひとりキャンプは最高のギフトを私にくれました。まるで体中の細胞が全とっかえされたみたいな、生まれ変わったような爽快感。帰りのドライブもまったく疲れ知らずで、バイオニックジェミーにでもなったような軽さなのです。これ、もうはまりそう・・・。どんどんワイルドになる・・・。もうトメられない。

たぶん、マジで。私エネルギー変わったみたいです^^。

いや、マジで。シャスタに熱烈恋してます☆
[PR]
by serendip888 | 2008-07-16 16:14 | シャスタ

サバイバル・シャスタ?

明日からまたシャスタへ。今年8回目。今年はペースが速いなあ。ますますどんどんシャスタに呼ばれてる?今回は奇縁で結ばれたある人とサバイバルシャスタ。奇縁だけあって、この人と組み合わさるといつも奇想天外な旅になる。野宿したり、真っ暗闇の山道を歩かされたり、スコットランドの北の果てに連れて行かれたり・・・。なんと今回はキャンプです。それも自分でテントを張るの。昨日家のリビングで練習したからこれはクリア。ジェットボイルの使い方もクリア。寝袋は上手に畳めなかったので、そのまま大袋に入れて、これもクリア。最後は当日お目当てのところにスポットが見つかるか。だけど、これはシャスタの神様にお願いすることにして。こんなワイルドな私に育ててくれたのはなんと言ってもシャスタの神様だから^^。

無事帰って来れたらまたいっこ経験値が上がるか?

検討を祈っていてください。
[PR]
by serendip888 | 2008-07-11 16:24 | シャスタ

てんごくへ行ってきた。

d0050616_8123589.jpg独立記念日の連休にシャスタ3泊4日。パンサーメドウズはピンクのお花が咲き、源泉も水が戻って、今が一番美しい季節。今年は去年同様、雪解けが早くてかなりドライなので、泉に水が湧き出る今の時期に行くことをおススメします。秋にはまた乾いちゃうかも・・・。やはり地球温暖化の影響でしょうか・・・。シャスタも昨日はかなり暑くて、カキ氷食べたいって久々に思いました。途中の町レディングはなんと108度もあって、もう体ゆらゆら蒸発しそうでした。でも地上がそんなに暑くても、標高8000フィートのスクワーメドウズは天国!!!ここ、今回初めて挑戦したんだけど、パンサーメドウズから更に2マイルも山奥ということもあってか、秘境中の秘境で、まさに天国のエネルギーなのだ。ハートレイク同様、シャスタにはまだまだ凄いジュエル(宝石)のような場所がいっぱいあるんだなあ。通えば通うほど、シャスタはその懐の深さを見せてくれます。8年かけて、やっと私にもその凄さがわかってきた。

今回行ったスクワーメドウズとラベンダー畑をブログにアップしたので、見てくださいね!
「シャスタ大好き!」

シャスタはほんとにてんごく。
[PR]
by serendip888 | 2008-07-08 08:14 | シャスタ

苦行は続く。

d0050616_0553768.jpg昨日はPinnacle National Monument、9マイルハイク。先週のPoint Reyesから百数十マイル南へ。この2箇所は2千3百万年前は同じ場所だったんだけど、地震や地殻変動で今は300キロも離れてしまったんだって。まるで大地の織姫、彦星のよう?もうすぐ七夕だから、せめて私がこの足で歩いて、二人の思いを繋げてあげましょう・・・。てな気持ちは今、ふと思いついた大ボラですが、地球っていうのは凄まじい創造力で、ダイナミックに時間をかけてわが身を芸術へと創り上げているようです。ここ、ほんと凄くて、私の密かなパワースポット。いやあ、しかし暑かったです。先週は太平洋沿いで涼しく、13マイルもなんとか気持ちよく歩けたけど、こっちは内陸部で暑いったらない。さすがカリフォルニアは砂漠なのだ、ということを思い知りました。前半は起伏もあり、眺めも感動的なので、なんとかクリア。しかし後半、平坦なトレイルをもくもくと歩くこと数時間。もう最後は半べそかいて、「もう歩けね~」と泣き言が出る始末。もうろうとする意識の中d0050616_0571388.jpgで、「人生ってこんな苦しいこと自分で選んでやってるんだ。もういいです。この辺でリタイアしたいです・・・」なんてネガティブな思いもよぎり^^;、ハイキングってやっぱり過酷なレジャーだわ、と再認識。しかし、また、自分ひとりでは絶対行かない場所、やらないことを体験出来て、体験値がいっこ上がった。

ふふ、人生、ダンジョンを行くロールプレイングゲームみたいだな。

今週末は愛するシャスタでハイキング。シャスタでも苦行は続くか?・・・。しかし、シャスタは「天界のダンジョン」だから、もし迷っても行き着く先は天国、なのだ^^。
[PR]
by serendip888 | 2008-07-01 01:17 | 独り言