ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

死ぬ事への自覚。

今日はお天気がよかったので、家の周りのトレイルをゆっくりと散歩した。我が家の周りはサンフランシスコベイに続く湿地帯で野鳥保護地域になっているので、たくさんの野鳥が気持ち良さそうに羽を休めたり群れをなして飛んでいる。空が広い。世界は平和だ。すれ違う人達は、「I want my bike to fly!」コノジテンシャソラニトバシタイ!とか「I'm happy!」ワタシシアワセ!とか、夢や希望や愛でいっぱいである。ああ、なんて幸せな日常の一瞬。アタシはひとりでこんな土手の散歩道をてくてくと散歩するのが好きだ。両脇にはカレーみたいな匂いのする雑草や奇麗に植えられた水やりの花々が咲き、ベイの向こうにはシリコンバレーの山々が連なる。よく、肉体を忘れて生きている感じに捕われるけれど、今この瞬間、自分は生きてるんだなあ、としみじみと感じる。後、何年こうやって生きるんだろう。そんなことを考えながらこの平穏なベイエリアで暮らしている。そう言えば、私はいつも生を逆算して生きているなあ。後何年?

易の鑑定が終わった後に、石井先生から興味深いお話をいろいろと伺うことが出来ました。それは死後の世界のこと。先生は小さい頃から霊の存在をよく目撃することがあって、それでも死後の世界があること等あまり信じられなかったとか。そんな思いでいたら、近年、ある霊の存在からかなり強烈なアタックを受けて、日常生活に支障をきたすような事態を体験されたとのこと。その話はあまりにも怖いので、ここには書きませんが、人間の生への執着というものは肉体を亡くしてなおかつ、それは生きていた時以上に魔の力となって存在するもののようです。石井先生はその体験から、人は如何に死後の世界のことを意識してこの世を生きるべきかを実感されたそうです。自分の死を自覚せずに死んでいく人は、死んでなお、この世にしがみつく。この世に執着を残し、行くべき光の世界へたどり着けずにいる。そういう霊がたくさんいるそうです。人は必ず死ぬということ、ひとつの生が終わったら、魂は「あの世」と呼ばれる場所へ行き、次なる次元に向かうこと。それを肉体を持っている間に強烈に意識して生きることが大切だと思うのです。どう死ぬか、そして死後の世界までも考えておく事が、生を全うすることだと思うのです。どう死ぬか、というのは心の問題で、死を迎えるのは、病気だったり、事故だったり、老衰だったり、いろいろだけど、元気なうちに、死ぬ瞬間の心構えを思う事がとても大切だと思うのです。

私の両親は死を通していろんなことを教えてくれました。母は6年間病院で生命維持器に繋がれて生き、最後は自力で体から魂を抜けて行きました。父は入院して10日後にあっけなくこの世を去りました。ふたりともあっぱれな死に様で、娘の私は両親を拍手でもしたいくらいの感動と共に見送りました。人は誰でも肉体の死を迎えます。それは春夏秋冬のサイクルと同じように。でもまた魂の春夏秋冬が続くのです。人は死んだら財産も肉体も何も持っては行けない。でも生への執着という思いを抱えたまま逝く人が多いのでしょう。この世でやり残したこと、やり切れなかったこと、残した思い。あの世に逝く時にそんな執着を持って行くと、魂は生きている時よりももっと苦しい、辛い状況に足止めされてしまうようです。人は生まれる時もひとりで、死ぬ時もひとり、そして魂というエネルギー体として全てのものと繋がっている。私はそう思っています。だから、人として生きる時は孤独で、死してひとつに帰っていく。死は決して寂しいものではなく、癒しなんだと思うのです。死は、この命を生き切って、まっさらな思いでその瞬間を迎えた者が手にする卒業証書。どんな生き方でもまずは「生き切ること」。それが死を迎える上で一番大切なことではないか、と思うのです。

しかし、霊との対決という壮絶な体験を通して、石井先生は易の力を強められたそうです。やっぱり何よりも強いのはまっすぐに天に繋がる信念の力なのですね。

みんな、成仏しましょうね^^。
[PR]
by serendip888 | 2009-11-30 03:19 | 出会い

神秘のツール

今日はサンクスギビング翌日のブラックフライデー。一年で一番値引率の高いバーゲン日ということで、朝5時起きで、最寄りのアウトレットまで車を走らせました。この不景気の最中、買い物客もさぞ少なかろう、と思いきや、アウトレットは朝9時にはもう駐車場いっぱいで、人気のお店には長蛇の列、まあ、普段でも安いアウトレットが更に大幅値引きをするのだから、購買意欲をかき立てられるのも仕方ないですが。私もとりあえず、お金が入ってくるには、一年に一度取り替えた方がいいと教えてもらったお財布を今年もゲットしました。色は黒、お札を曲げずに入れられるやつがいいそうです☆

さて、易の話の続きを。
まずは石井先生にご挨拶して、ちょこっと雑談を始めたばかりのところ、先生は私に向かって、「あら、あなた癒し系ね」と仰る。えっ?!と驚きました。未だかつて「ワイルド」「はちゃめちゃ系」等とは言われても、初対面で私を「癒し系」と言った人はいません。「あら、だってあなたのオーラは人を癒したいと言っているわよ」と石井先生。人を姿形で見るのではなく、オーラで見られるようで、う〜ん、さすが・・・です。
易を見て頂く段になって、実は今回の目的は石井先生にお会いすることが一番だったので、実際に易を立てて頂くのにあまり聞きたいことも浮かばず、とりあえず私の今後の人生がどうなるか、という非常に大雑把な質問をさせてもらいました。出た結果を見て、先生はすぐに答えを出さずに、何度か易を立て直している。私も卦は分かるので、「ああ、やばいなあ。こんな良くなさそうな卦ばかりじゃあ・・・」と落胆して答えを待っていると、「あなた、山に関係しているの?」とずばり直球で虚を突かれました。その通りで・・・ばりばり関係しています。先生の読みは私の想像していたものとはかなり違って、卦は組み合わせによって良い悪いを超えた意味を持つようです。私は今後も山に関わって生きて行くのですが、どうも自分の中の満足度を果てしなく高い所に設定してある為に、いくらやっても満足出来ないのだそうです。ある意味、魂の満足度においてかなり「欲深い」のだそうです。そう言われて、やってもやってもまだ足りない、と思う自分の気持ちをずばり見抜かれ、さすが易の神様はすべてお見通しだなあ、と改めて畏敬の念に駆られました。その卦をずばっと出す先生もやはり凄い。それじゃあ、今後どのような心構えで生きていけば良いか聞いてみましょう、と言うことで、易の神様のアドバイスを立てて頂きました。易の神様というのはとても率直で、結果は「アドバイスと言ってもねえ。人生恵まれていて、楽しくやっていて、何の不自由もないのだから、要は自分の心の持ち方だけなんだが。」というようなお答えでした。ハイ、やはりそう出ますね。納得です。大変恵まれていて、好きなことをやっていて、人からも喜ばれている。でもまだ何か足りないとは。スピリチュアル欲深の根本を見る必要があるのでしょう。私の心を満足感と充足感で満たしてくれるのは、一体何だろう?すっごい原点に戻って分かるのは、シャスタのような美しい自然と一対一で向き合う瞬間。これからますますひとりシャスタが増えそうだなあ。今後は自然と向き合う中で、自分の内側から湧き出て来る喜びにもっとフォーカスして行きたいなあ、と思います。

そして、易って自分と向き合うための神秘のツール。そこもまた少し前に進んで追求したいものです。

さらにつづく。

石井清龍先生のホームページ
http://www.asahi-net.or.jp/~pa6c-isi/
[PR]
by serendip888 | 2009-11-28 10:44 | 出会い

橋を渡る。

今回の旅でどーしてもお会いしたい方がいました。石井清龍先生。本筮易という易の宗家です。実は私もご縁あって、この本筮易をほぼ独学で立てています。易の中でも本筮易は密教に近いような知る人ぞ知る易で、立て方も読み方も複雑なのです。でもその難しさの中にあって、過去も現在も未来も全てが卦に現されるという幻の本筮易の凄さ。そして、立てることによって易の神様の気を感じ、真摯に聞くという神様に向かう姿勢が私にとってとても魅力なのです。いつか宗家の石井先生に弟子入りしたい、と常々思っていたのですが、いろいろと訳あって、なかなかお会いすることが出来ませんでした。でもなぜか、今回は「今がその時!」という思いが強く、その思いかなって、お会いすることが出来ました。実はお約束の当日、私はプリントアウトした鑑定先の地図や連絡先をホテルに忘れ、お約束の時間も迫り、「ああ、やっぱりご縁がないのかも・・・」と半ばお会いすることをあきらめました。でもその時にふと、「橋を渡る。」と言う思いがわき起こりました。それは、今ここであきらめては私は今のままの易で終わってしまう。でももしここで石井先生と繋がる事が出来たら私は「橋を渡る。」ことが出来る、と。そんな思いが湧いて来て、私はとりあえず覚えていた駅まで行ってみようと思いました。もしかしたらそこで何かの奇跡が起こって先生の所へたどり着けるかも。それで私は電車に飛び乗りました。そこで、電車の中で持っていたiPhoneを何気なく開けてみました。ネットに繋がっていないので、過去の履歴は読めないはずが、そこになんとかろうじて、先生のお弟子さんが送ってくれた案内のメールが残っていたのでした。「やったぁ!これでご縁は繋がった。」自分があの時にあきらめずに電車に飛び乗ったことが、私の人生の大きな前進でした。私にとっては何年も掛かってやっと出会える大切なご縁。

さて、橋を渡ることの出来た私への石井先生の鑑定いかに?

つづく。
[PR]
by serendip888 | 2009-11-26 13:27 | 出会い

天河。

さて、伊勢参拝を終えて次に向かったのは天河。大阪在住の倫子さんに連れて行ってもらいました。倫子さんはこの夏にシャスタワークショップに参加して頂いてからのご縁。彼女の凄いところはともかく頭ではなく「行動」の人だということ。水を見ると飛び込みたくなるという倫子さんは、私のツアーで初めて、あのマクラウド滝(ローワー)に飛び込んだ人。その勇猛果敢な行動に、一緒に参加した男性も「俺も負けてられない」とばかりに後に付いて飛び込ませたのでした。善い人を絵に描いたような倫子さんのこの爆発的な瞬発力。「この人すごいわ・・・」と、強烈な印象でした。熊野と天河が大好きだということで、意気投合し、今回大阪でお世話になりました。しかし、ご縁とは不思議なもので、実は倫子さん、着付けのプロ。最近また自分の中でキモノブームが起こり、今回の滞在でも着物を仕立てたりして、普段着キモノライフを目指そうとしていたところ。先日の着物姿も倫子さんが手持ちの着物をささっと着付けてくれたのでした。素晴らしい着物の先生を得て、これからのキモノライフ、ますます楽しみになりました。

大阪から天河まで車で2時間。紅葉は残念ながら終わっていたけれど、お天気もよく、久々の天河はやっぱり不思議な異空間。宇宙神社でした。みたらい渓谷も滝壺に虹が出て、とても奇麗でした。お昼に渓流を眺めながら食べたあまご定食も美味しかった。しかし、天河の水ってなんであんなに奇麗なんだろう。光が入り込んで、どこまでも透明で。私がシャスタに通うように、天河通いする倫子さんの気持ちがほんとに良く分かります。

一年に一回倫子さんのところに届けられるというとびきり美味しいふぐ料理もごちそうになって、最高に幸せな大阪滞在でした。しかし、美味しいものを嗅ぎ付けるこの本能、凄いもんだ、と我ながら感心する^^。
d0050616_3491865.jpg

[PR]
by serendip888 | 2009-11-26 03:53 |

伊勢神宮。

昨日は日本食料品店に行ったら、およそ10年振りくらいご無沙汰だった知人に会いました。買い物中にちらっと目の片隅に入った瞬間に「あっ、○○さんだ」と分かったんだけど、小学校低学年くらいの女の子を連れてすっかりお母さんらしくなったその人に声を掛けるのがなんとなく阻まれて、そのまま買い物を続けてレジへ。そうしたら○○さんが同じレジに並んだので、さすがに、「あらっ、○○さん?!お久しぶり!」なんて初めて気がついたふりして快活に挨拶をしたものでした。○○さん、一瞬誰だか分からなかったみたいで、私がサングラスを取ると「・・・、みさおさん?」その後、「あいかわらず・・・」と言った後にちょっと間が空いて、「ワイルドですね」と言われました。いや、だからね、声掛けづらかったんだな。ワイルドっていうのは一体どういう感じなんだろう???その言葉を後からじっくりと噛み締めています(苦笑)。

さて、日本の旅の続き。

日本を訪れたらやはりここは外せません。伊勢神宮。5月に泊まった二見浦の岩戸館の貝づくしのお料理が忘れられず、今回も一泊で訪れました。前回同様、紅緒ちゃんが同行してくれることになり、彼女の運転するレンタカーで名古屋から一路伊勢へ。まずは「いざわのみや」に車を走らせました。そこでとっても不思議なことが・・・。車を借りてすぐにカーナビにセットした行き先は「いざわのみや」。車を走らせて1時間程経って、そろそろランチでも、と二人で「伊勢うどんでも食べたいよねえ。簡単に車が停められるレストエリアに伊勢うどんないかなあ」なんて話していて、ふとカーナビを見ると、矢印が次のレストエリアで降りるようにと表示されている。「あっ、紅緒ちゃん、レストエリアの指示してくれたの?」と聞くと、彼女、「えっ、わたし何もしてないけど」。ふたりで思わず顔を見合わせ、「何、これ?このカーナビ、音声認識でもあるのかな!?」と不思議な現象に驚くばかり。とりあえず、指定のレストエリアに降りてみると、ありました!待望の伊勢うどん。美味しく頂いて、その後車に戻ってまずしたことはレンタカー会社に電話して、「音声ナビ付いてますか?』と聞きました。もちろんそんな機能は付いてなく、もし付いていたとしても操作でそういう設定にしないといけないとか。だいたい、人の会話で「伊勢うどん、レストエリア」のキーワードをもとに行き先変更はしないだろう、カーナビくん。結局「誤操作」という回答をもらいましたが。「これって”主”のいたずら?」と二人で???となりながらも、まあ、美味しい伊勢うどん食べれたし、これから向かう伊勢の神様も大変喜んで下さっていると判断して、とっても不思議ながらも幸せな気分で伊勢に向かうことが出来たのでした。

いやあ、旅って不思議です。そして集うエネルギーがまた不思議な現象を起こすようで。紅緒ちゃんも私もどうも異界を愛する異次元仲間のようです。まあ、会う時はいつもシャスタとか伊勢参りとか異次元空間なので、無理もない^^。

伊勢は新しい橋が開通したからか、今多くの人が参拝しているようです。たまたまこのタイミングでお参りさせて頂けたことにとっても感謝の気持ちでいっぱいです。内宮お参りの際には首筋に太陽の光が差し体一杯通り抜けました。やはり、伊勢のエネルギーは特別で、神様と通じることの出来る最高の場所ですね。

カーナビだって「神」ナビに変えてしまう程のマジカルパワー全開!!!の伊勢でした。
d0050616_6592441.jpg

[PR]
by serendip888 | 2009-11-25 07:05 |

鳴門の渦潮。

18時間寝てしまいました^^;。日本からサンフランに着くと、時差17時間はやっぱりきつい。夜まで寝ないように頑張ったんだけど、睡魔に勝てずちょっとお昼ねを、と思って気がついたら夜中の12時、ここで起きては完全時差ボケ突入なので、そのまま寝続けて18時間。朝目覚めてすっかり時差ボケ解消。なかなか効率の良いやり方ねっ^^。

さて、今回の日本はご縁のある所に行こう、と決めていました。そして徳島。スケジュールがきつかったので、今回は無理かな?と思っていたところ、徳島在住のまりこちゃんが仕事をお休みしても案内してくれる、と言ってくれたので、1泊2日の強行軍でお邪魔することにしました。鳴門の渦潮を見たかったんだけど、調査不足で、見れる時間帯が限られていることを知らず、(いつも渦巻いているものとばかり思ってました^^;。)渦潮は次回のお楽しみとなりましたが、案内してもらった神社が素晴らしく、徳島の神様に呼んで頂いて、どっぷりと太古の神様の濃いエネルギーに触れさせてもらいました。案内してくれたまりこちゃんとお友達の典子さんは二人とも巫女エネルギー全開で、二人に挟まれて参拝していると、なんだか神様の存在がすごいエネルギーで感じられるのです。典子さんの素晴らしい祝詞で、神様も喜んでくださっているのが実感出来ました。徳島って巫女人口がかなり高そうな、とってもスピリチュアルな場所ではないか、と思います。まりこちゃんと典子さんは伝統的な日本の巫女さんエネルギーで、宇宙巫女の私は他の星からちょっとお邪魔して、地球で働いている同士とエネルギーの交換をした感じ。和のエネルギーって優しくて深くて素敵です。

チャネリングやヒーリングをお仕事としている典子さん曰く、私はこれからもっと日本に行くようになるとか。自分から行くというよりも何かのために行かされる、ということで、日本大好きな私としてはとてもうれしいご神託でした。

今度は渦潮、絶対見たい!あれってやっぱり宇宙エネルギーだよね☆
d0050616_10343944.jpg

まりこちゃんと通りがかりの七五三の女の子と。
[PR]
by serendip888 | 2009-11-24 10:40 |

ますます自由に、ますます大胆に。

無事、サンフランに戻りました。

今回の日本滞在、たくさんのご神託ももらいました。まずは以前から行きたかった早稲田の「預言カフェ」。念願叶って、作家の佐伯紅緒ちゃんに連れて行ってもらいました。コーヒーと一緒に「預言もお願いします」とオーダーすると、まるでデザートのケーキのように主(イエス)からのお言葉を頂けるのです。これがあなた、特上のデザート!すごいんです!主はちゃんと見ていてくれることを実感しました。「ますます自由に、ますます大胆に。」そう生きなさい、と言われました。その為に主は私の領域をどんどん広げてくれているとのこと。うれしいではありませんか。人生「遊び」の中に道を見つける。それが私のテーマのようで^^。私がこれは本物だな、と思ったのはあることを具体的に言われたから。それは先日アシュタールからも言われていたことで、このところの私のテーマだったので、まさにビンゴ!のご神託でした。

預言カフェはなんか予想以上に愛ある存在。

元気や励ましをもらいたい人にぜひオススメ。1時間以上待つのは必須なので、時間にゆとりを持って出かけてくださいね☆

預言カフェ
[PR]
by serendip888 | 2009-11-23 04:54 | 独り言

ニッポン滞在、ありがとう☆

行きたい所に行って、会いたい人に会って、美味しいものを食べて、楽しかった日本滞在を終えて今日帰ります。10日間よく移動しました。東京、徳島、名古屋、伊勢、大阪、奈良。自分ってタフだなあ、と我ながら驚き。旅ってほんとにいいなあ。シャスタとはまた違った刺激をたくさんもらってエネルギーチャージしました。書きたいこといっぱいあるので、帰ってからまたゆっくりと旅の報告します。

和のエネルギーを充電して、これからますますアメリカでの生活も充実しそうです☆

着物もイケテル!^^。
d0050616_715355.jpg

[PR]
by serendip888 | 2009-11-22 07:19 | 独り言

日本だ!

ブログ、お久しぶり。昨日日本に到着しました。ちょうど今日オバマ大統領が訪日するとか。

天皇陛下即位20周年だそうで、こちらもおめでたい。父として母として天皇皇后両陛下を慕う日本は好い国だな。

なんかいいタイミングで来れたみたいです。

楽しもう!
[PR]
by serendip888 | 2009-11-13 07:20 | 独り言

シャスタの秋色でエネルギー充電。

d0050616_459173.jpg
名古屋のパワーストーンショップ・老久さんのブレスレットをシャスタで購入しました。シャスタから持ち帰った紅葉の葉っぱと偶然にも同じ色合いで、季節のエネルギーを充電してくれるようです。

以前はアクセサリー類はほとんどしなかったけれど、最近パワーストーンジュエリーに惹かれています。そろそろ外側からのプロテクト/エネルギー充電も必要なのかな?それならやはり、おしゃれで美しい石達に囲まれていたい。

老久さんの石はどれもパワフルで、おしゃれで、おススメ☆オーナーの鈴木さんはその石に負けず劣らず超パワフル!その行動力とカリスマ性で闇を光に変える錬金術師です。

d0050616_5214856.jpg

モノを買うには売り手の持つエネルギーとの共鳴もとっても大切、と感じる今日このごろ。
[PR]
by serendip888 | 2009-11-03 05:22