ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミラクルシャスタの出会い

3泊4日のシャスタツアー、空港で出会った時から最終日まで、凄いチーム力を発揮した今回のツアーでした。参加者5名の皆様、ほんと楽しい旅をありがとう☆ミラクルな旅のエピソードはまた次回、皆様がそれぞれ無事にお家へ戻られた頃にご紹介しましょう。

今回のツアーでは、私の個人的なミラクルな出会いも沢山ありました。以前ツアーに参加してくれたボストンのYご夫妻が偶然シャスタに来られて、こちらもミラクルな出会いでした。この秋には私もボストンに引っ越してご近所さんになるとは^^。Yご夫妻はシャスタ後にも交流があって、私にとってボストンの親戚家族のような存在。ボストン情報もいち早く頂き、とっても心強い気持ちになりました。

それから、セドナの下野絵里ちゃんとも遭遇。絵里ちゃんとは、普段は連絡し合わなくても年に一度くらい偶然にシャスタで会うという不思議なご縁です。今回のレンタカーがKIAのSEDONAだったというのもセドナエネルギーを強く感じます。シャスタの次はセドナへ、参加者の皆様へのメッセージかな?!

そしてまだまだいました。ミラクルシャスタの出会い。仲良し、収穫の女神さんと一緒に一泊でシャスタに来たオーラリーディングのきよみさん。せっかくの遭遇なので、参加者の方達にオプショナルでオーラリーディングをしてもらいました。プライベートで一泊という貴重な時間を私達の為に割いてくれてほんとに感謝。参加者の皆様、とっても喜んでいました。

私もきよみさんのオーラリーディンを3年位前に受けて、その時に言われた「フランスで活動している」というビジョンが、近い将来実現しそうな予感。当時はまったくフランスやヨーロッパは視野に入っていなかったけれど、今、着物を作っていく上で、パリ、ヨーロッパが見えているのです。う〜む、恐るべし、オーラリーディング!せっかくなので、今回私も3年振りに受けてみました。私の着物、なんだかいい感じで展開しそうです♪ってか、自分の想像以上にいい感じです。ともかく、流れに任せて楽しもうと思ってます。

シャスタツアーから戻ったばかりですが、今週末はまたシャスタに行って着物撮影。現地で出会ったとびきり美人の16歳の女の子がモデル!もう凄いタイミングで向こうから歩いて来たところをその場でスカウトしたのです。それもシャスタの山の目の前で(笑)。そして、顔ヨガの高津文美子ちゃんにもモデルになってもらう予定。

全てがシャスタに繋がっている。着物とシャスタ、これからの私のライフワーク。ディープなところで繋がっている、オーラリーディングでも言われたことを私もまったく同じ思いで感じています。

ミラクル・シャスタ!!!
[PR]
by serendip888 | 2010-08-24 15:24 | シャスタ

恋するシャスタ

美は人を癒す。その究極の美がシャスタにある。
パンサーメドウズは今、花盛り、最高の季節です。
d0050616_2594786.jpg

シャスタに恋しているの。強烈に!!!
[PR]
by serendip888 | 2010-08-24 07:45 | シャスタ

21世紀の女神

サンホゼ・アリーナにレディ・ガガのライブを観に行って来ました。
d0050616_3483489.jpg

強力なるメッセージ、強力なるボディー、強力なるビジュアル。
d0050616_3491398.jpg

ゲイ、トランスジェンダー、本当の自分自身でいられる自由。

21世紀の女神、人々の意識を変える。
[PR]
by serendip888 | 2010-08-19 03:55 | 独り言

So my journey will continue...

先日のシャスタツアーでご一緒したY.I.さんから身に余る光栄な感想文を頂きました。ボストンに行ってもご縁ある方達とまたシャスタにご一緒出来るように、自分へのエールとしてご紹介させて頂きます。

********

今回も最高のシャスタ山のツアーをお届けいただき、
どうもありがとうございました!

この夏、シャスタ山ツアーを通じて、
操さんには数え切れないくらいたくさんお世話になり、
感謝の気持ちでいっぱいです。

操さんの決して絶えることのない細やかな心くばりと、
シャスタ山へのこの上ない愛に支えられ、
このような奇跡的に素晴らしい旅を体験できたことに、
心より感謝を申し上げます。

今回のツアーも、フェアリーな素敵なご家族と一緒に、
前回とは違った新たなシャスタの魅力を体験すること
ができて、とても楽しかったです。

操さんが書いてくださった一冊のシャスタの本によって、
渡米前には想像もしなかった留学生活の展開となり、
操さん、絵里さん、弘美さん、寺山先生、キャロルさん
など、笑顔のとても素敵な心温かな素晴らしい方々と
アメリカの地でお会いできた思い出は、一生の宝です。

もしかしたら、こうして皆さんと繋がってシャスタに無事
辿り着くことが、今回の留学でバークレーに戻ってきた
もうひとつの大きな目的だったのかもしれませんね。

振り返って、皆さんが見えない糸で繋がっていたことを
思うと、あの本はまさに天界シャスタから操さんを通じて
降ろされた本だったのではないかと思います。

素晴らしい本をこの世に届けて頂き、どうもありがとう!

最後に、今回のツアーで撮った写真をお送りしますね。

ではまた来年、完了のセレブレーション・ツアーに是非
参加して、操さんと再会できるのを楽しみにしています。

この度は、本当にどうもありがとうございました!

Y.I.
d0050616_495785.jpg

********

この夏、あと3本のツアーが待っている。

楽しみな出会いが待っている。

So my journey will continue...
[PR]
by serendip888 | 2010-08-13 04:29 | 出会い

次なる扉の前に立つ。

ツイッターやミクシィのつぶやきで既にご報告していますが、15年間のカリフォルニア生活を終えて、東海岸へ。10月いっぱいをもってサンフランシスコからボストンへ引っ越すことになりました。今年の1月から着物を作り始めてから数ヶ月、素材的にカリフォルニアで調達出来るファブリックに限界を感じていたところ。パートナーの転職活動でボストンへの移住の可能性が出た時、まず思ったのが、「ニューヨークが近い!そしてパリも!」着物をモードとしてマジにやるにはカリフォルニアよりもやはりニューヨークやヨーロッパに近い東海岸の方が断然有利、と感じました。それで、これは腹をくくってボストン行きをイメージしよう。それで前回の日食に重なった超パワフルな新月の日にボストン行きをお願いしました。めったにしない新月のお願い事、やはりここぞ、と言う時に使うとパワフルです。すぱっといさぎよく叶ってしまいました。パートナーにとってはやりがいのある仕事、そして私にとっては次なる扉を開ける新たなステップ。神の采配というものはいつも見事に人生を動かしてくれます。数年前に受けたオーラリーディングで、「フランスで活躍しているのが見える」と言われ、今年の1月のチャネリングでは、「ニューヨークのギャラリーに着物が展示されているのが見える」と言われました。その時は想像もつかなかった東海岸への引っ越し、ボストン行きが決まった時は、「おお〜、来たな〜」と鳥肌が立つ思いでした。

2002年から本格的に始めたシャスタツアーも今年で9年を迎え、数秘で見れば「完了」の年。さて、次はまったく新しい「表現」の世界が私を待っている、そんな思いでいます。でも、今の私にあれもこれも繋げてくれたのは全てシャスタ。シャスタとの繋がりは今後も更に強まっていくことでしょう。今後もご縁のある方達とシャスタへの旅を続けていけたら幸せです。

そして、カルチャーを超えた着物作り。これからはボストンを拠点に、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、そしてその先はヨーロッパも!もちろん日本だってやっちゃいます。

2010年、私を含めてほんとに大変化の年。宇宙の波乗りますます軽やかに、そして枠無し制限無しであらゆる変化、チャンスを楽しみましょう!

ありがとう、サンフランシスコ。こんにちは、そしてよろしくね、ボストン。
[PR]
by serendip888 | 2010-08-11 14:38 | 独り言

シャスタで和太鼓

d0050616_5405339.jpg

夏の一夜、シャスタで和太鼓を楽しんで来ました。毎年恒例のシャスタ太鼓による夏のイベント、今年は友人達が関わっている太鼓アンサンブル「そめい吉野」が出演するということで、応援がてら久々のプライベートシャスタを楽しんで来ました。シャスタ太鼓はラッセル馬場さんという日系の方をリーダーとする和太鼓グループ。以前、佐藤初女さんをシャスタにお迎えした時に演奏して頂いたというご縁もあり、シャスタに日系文化がしっかりと根付いていることがとてもうれしいです。アメリカの和太鼓はジャズやロックとのフュージョンが多く、まったく新しい音。あの和太鼓の躍動感、緊迫感、そしてエンターテイメントとしての臨場感を大いに楽しみました。そして私が今、着物を通して新しい世界を広げようとしているのも、実はやっぱりシャスタから流れて来るエネルギーに乗っているんだ、と実感しました。なんで着物なのかな?でもやっぱり着物なんだ、と。いつかこの太鼓舞台にあいりす着物が衣装参加出来たら素敵!シャスタの神様に捧げる奉納着物、ぜひ作りたい。

今回一緒に行ったパートナーはライブには参加せず、ひとりシャスタの中腹でキャンプ。でも、あの山のキャンプ場所からも太鼓の音が聞こえていたそうです。

シャスタは躍動の夏を迎えています。
[PR]
by serendip888 | 2010-08-03 06:09 | シャスタ