ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

きっと。

震災から2週間。

これほど自分の状況に「サレンダー」という言葉があてはまったことは未だかつてない。日本の非常事態にいてもたってもいられない。いつもだったら、あっちに飛んで行ったり、こっちに飛んで行ったり、せめて身体で出来ることが少しでもあるのに、骨がくっつくまでに後2ヶ月の間、このブレースを付けての生活。あの瞬間のイヤな予感がまさかここまで長引くとは、、、。

でも、どんなにきつくてもサレンダーするしかない。この状態の中で最善のことをするしかない。そのことはわかっているけれど。

年初めに、今年の自分の運勢ということで易を立てた。実はその時に今年前半の卦があまりにも悪くて、その卦を封印していた。忘れ去ってしまえば、それは起こらない、現実は自分の思いで創れるのだから。そんな思いがあったのだけれど、易は見事に的中。そしてその卦をじっくり見たら、今の日本の状態とまったく同じなのだ。「坎為水」64卦の中で一番の苦難の卦。水が二つ重なっているので、水難の卦でもある。それに「雷天大壮」が重なっているので、もうこれは大変な力づくの苦難を示す。でも、私の苦難が3ヶ月の自宅療養で済んだのは、日本の苦難に比べればほんとうに小さなことではあるけれど。

でも、易が示してくれるのは、どんなに暗い状態でも明けない夜はないということ。私の運勢の卦は、その後「水天需」徐々に少しずつ回復しいく。そして「風火家人」家族や仲間が集まり、力を合わせる温かな卦へと移っていく。

堪え難い苦難の先に、暖かい暖炉を囲んだ家族との優しい時間が待っている。

きっとリンクしている。日本と私。きっとこれから徐々に復興が進んで、いままでちょっとばらばらだった日本人の思いがひとつになって、家族の絆ができる。

そうしなければ。被災され命を落としたたくさんの魂のためにも。

がんばれ、日本。そして、がんばる私。
[PR]
by serendip888 | 2011-03-25 10:05 | 独り言

スーザン・オズボーン日本支援コンサート

サンフランシスコの友人から心暖まるお知らせです。
日本を大切に思ってくれる人達の祈りを込めた支援運動に心より感謝します。

ぜひこの機会にガイアの歌声を!

*****

あのSusan Osbornが日本のために歌います
d0050616_924015.jpg


Susan Osbornさんがメールをくれました。
”日本のために歌います”と。
被災者のためのチャリテイコンサートです。

どうぞお友達をさそっていらしてください。

今回は エルセリートのシカモア合同教会が協賛してくださいました。
シカモア教会は United Church of Christのメンバーで このUCCを通して全額100%の寄金を被災地におくってくださいます。UCC仙台がこれを受け付けてくれることになります。

4月15日 金曜日 6:30開場 7:00スタート
席が100ほどしかありませんので、参加されるかたは私のほうに連絡ください。
なお、会費はきまっていません、被災者支援金という形でお願いいたします

席が100ほどしかありませんので参加されるかたは
thankyoujapan2011@gmail.com にお申し込みください

スーザン・オズボーンProfile

スーザン・オズボーンの声は、文字通り、世界中で響いています。スーザンの歌手としての経歴は35年に及び、カーネギーホール、国連総会、日本武道館、1998年の長野オリンピックなどの数々の名高い場所でも公演しています。また、旧ソ連の初代大統領であるミハイル・ゴルバチョフ、女性解放運動のリーダー、グロリア・スタイネム、日本の天皇、皇后の御前でも歌を披露しています。さらには、日本の権威あるレコード大賞を受賞しました。
 
スーザンは、ポール・ウィンター・コンソートとともに活動。ソロに転じ「浜辺の歌」などの日本の童謡、「千の風になって」、ディズニーやクラッシックの名曲ををレパートリーとしてきました。
 
スーザンの音楽は、龍村仁監督「地球交響曲」をはじめ数多くの映画やテレビ番組、ハイブリッド車のキャンペーンにも使われています。日本での初めてのHDTVでは、スーザンの人生や経歴が紹介されました。また、TV朝日「題名のない音楽会」をはじめ数々のラジオやテレビに出演しています。

25年にもわたり実践してきた革新的な教授法で、人間の歌声の持つパワーを探求する彼女のワークショップ「サイレンス&ソング」は、大変好評を博しています。アメリカはもとより、ヨーロッパや日本でも開催されています。世界各国への公演旅行や、数々のコンサートを行ってきたことで、世界中にワークショップで学んだ生徒や多数のファンがいます。

[PR]
by serendip888 | 2011-03-23 09:37 | お知らせ

春分、始まり、そして希望。

昨日のスーパーフルムーン、凄かった。

突然、腰の周りがピシピシと痛みだし、骨折が酷くなったのか、と焦った。ところが昨日は乙女座の満月で、占星術では「12星座の薬箱」と言われているそうな。(石井ゆかりさんの「筋トレ」より)なるほど、そのお陰か、今日はすっかり痛みも引いた。あれはお月様の処方箋だったのかも。

自然は大地震や津波の猛威を振るう。その反面、月の光でヒーリング。そのダイナミズムにただひれ伏すばかりだ。

今日は春分。

新しいサイクルの始まり。

今、生かされているものは、大地を掘り起こし、新しい芽を育てよう。

犠牲となった多くの尊い命のために。

輝く未来、そして希望だけを胸に。
[PR]
by serendip888 | 2011-03-21 06:12 | 独り言

満月の祈り。

今回の満月、スーパー・ムーン。過去20年以来の地球への大接近で、通常より14%大きく見え、30%も明るいそうです。

月のパワーに祈りを込めます!!!

満月の時間は、アメリカ時間で、
3/19 12:10;48 (MST)
     11:10;48 (PST)
     14:10:48 (EST) 

福島原子炉が速やかに冷却しますように!!!

被災者の方々への救援が一日も早く届きますように!!!

この危機を乗り越えて日本が安全で暮らしやすい世界の見本となる国に復興しますように!!!
[PR]
by serendip888 | 2011-03-19 08:59 | 独り言

アメリカからの義援金送金について

今回の大震災で、海外在住の日本人もいてもたってもいられない気持ちです。自分たちの出来ることを必死で模索し、動いています。私達に今出来ることはまずは義援金を送ること。世界各地に広がっている日本人が現地の人々に呼びかけ、そして一緒に日本の復興を支援することです。

義援金の窓口はたくさんありますので、皆さんの安心出来る情報からご自分の選択で送られるのが一番だと思います。

以下は、サンフランシスコの複数の友人から送られて来た情報です。義援金は即日随時、100%日本へ送られるとの事。少しでも多く、そして有効に義援金が使われる事を願っています。

******

今回の観測史上初の世界最大級M.8.8の東日本大地震大津波による大震災で
限りない数の犠牲者が刻々と伝えられる中、ここに居て今私達に出来る事は、
取敢えず、お見舞と復興の為の寄付金を一刻も早く日本へお届けしたいという事で
弊社社長、Allen M. Okamotoを筆頭にJapanese Community Cultural Center ofNorthern Californiaで集積して、Union Bankで設立した基金に納入し送付する事になりました。

以下、宛先へ皆様のお見舞金を是非お届けして戴きたく、宜しくお願い申し上げます。
Union Bankでは皆様からのCheckを直接集積することは致しませんとの事ですので、以下へご送付下さい。皆様の心温まるご協力に感謝申し上げます。

Northern Japan Earthquake Relief Fund
c/o Japanese Cultural & Community Center of NC
1840 Sutter Street
SF CA 94115

http://www.jcccnc.org/default.htm

15日(サンフランシスコ時間):
<義援金募金に関する中間報告>

早速、支援の募金にご協力下さいました皆様、有難うございました。
本日(月)午前中、早速皆様からの暖かいご支援が集積され、$20,000が
既に日本へ送付されました事をご報告申し上げます。
夕方までには、早くも合計$50,000弱、集積されましたので、又明日日本へ送付されます。

皆様からの支援金は、100%随時即刻被災地へ送付され、緊急必要物資などに
役立ってくれる事と思われます。この支援募金は今年年末まで継続され、
桜祭りなどその他Events収入からもご支援を戴くSystemで計画されていますので、
引き続き皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

16日(サンフランシスコ時間):

<義援金募金に関する中間報告>

これまで皆様から寄せられた義援金は僅か5日間で$160,000以上になりました。

昨日$30,000が即刻日本へ送金されました。宛先は、神戸YMCAです。
理由としましては、現在被災地Areaの銀行Systemや電話及びComputer line、そして仙台YWCAの機能が未だ回復しておらず、直接送金する事は不可能な為です。

Japanese Cultural Community Center of Northern Californiaでは、過去の神戸大震災時で、皆様から集積されたの$600,000以上の義援金を、神戸YMCAを通じて被災地の復旧復興にお役に 立って戴きました。以来今日まで15年間に亘る深い親交と信頼を持って交流を続けております。
神戸YMCAは、現在東日本被災地への緊急物資の提供などに尽力をしておられるとの事で、取敢えず炊き出しなどの緊急物資を早急にお届けして貰うよう$30,000を送金致しました。

残り分、或いはこれからもっと増えるであろう皆様からの義援金100%は、被災地での義援金受け入れ態勢が整い次第、即時仙台YWCAを通して被災地の復旧復興支援に役立てて貰う事にしております。

支援の為の募金は本年度いっぱい続きますので、引き続き皆様の暖かいご支援を
心よりお願い申し上げます。

[PR]
by serendip888 | 2011-03-17 23:33 | お知らせ

緊急時の為のツイッター

日本で起きた大地震、驚きました。被災された全ての方々に心からの祈りを送ります。遠く離れたアメリカ西海岸にも津波が到達し、船舶が流されて被害に遭われた方も出ました。地球はひとつで、今、世界中が日本に向けて少しでも被害を少なくする事、そしてこれからの復興に心を注いでいます。

こんなときこそ、緊急災害時に日本が世界のお手本となるような秩序と冷静さと迅速なる対応が求められています。ツイッターやニュースから流れて来る情報を見て、パニックに陥らず、冷静に対処している日本の方達に感動しています。そして心からの尊敬と愛を送ります。

遠い場所から、ツイッターやフェイスブックやUSTREMで刻一刻と日本の情報を受け取れる、この時代は本当に新しい時代への幕開けです。

世界がひとつになって、この困難を乗り切りましょう!!!

まだ、ツイッター等を利用されていない方はぜひ始めてください。友人の安否、状況把握、発信、一番確かに得られるツールです。
[PR]
by serendip888 | 2011-03-12 08:16 | 独り言

残り時間。

優しいオット、快適な住まい、たくさんの自分だけの時間。骨折による療養生活の中で私が与えられたもの。この体験の中で「生きる」意味についてほんとにいろいろと思いを巡らせています。

つい先日、ネットで話題になった投稿がそんな私を更に思い深くさせてくれた。「51 hours left to live」というタイトルで、末期のがん患者からの投稿だった。「もうこれ以上手術も出来ず、痛みに耐えられない自分に尊厳死の許可が下りた。後51時間後にそれが執行される。もし何か質問があればどうぞ」世界中の数千人の人達から励ましや共感や質問が寄せられた。39歳という彼に「もし、得られるとしたら何がほしい?」という質問に、「人生。この窓の中からではなく、窓の向こうの」。

39歳の若さで人生をあきらめなければならないとは一体どんな気持ちだろう。残されたわずかな時間を輝く星になるごとく数千、そしてそれを読んだ数万の人々に生きる意味を考えさせてくれた彼の行動に感嘆の思いが沸き上がる。

ネット上ではいたずら投稿だという人もいるけれど、彼が実在するか否かは私にとってあまり意味が無く、そこに寄せられた多くの人達の共感、哀悼、友情、そして死を覚悟して残してゆく言葉の哀しさ優しさ強さ、そのメッセージのきらめきに心が打たれた。

後51時間?それが後30年だとしても、あの窓の外の人生を、もっともっと味わい尽くしたい。
[PR]
by serendip888 | 2011-03-11 03:18 | 独り言

時代は「ボディ」です!!!

***以下のイベントは延期になりました***

お久しぶりでございます☆

ちょっと訳あって、本格的な冬眠中^^。
しかし、どうしても皆様にお知らせしたいイベントがあって、洞穴から出て来ました。

私の直感、体験によると、今、時代はボディ、身体です。
しなやかに躍動するボディこそが心と魂を解放する最大のツールとなるでしょう。

実を言えば、数週間前にスキーで転倒し、骨折してしまいました。只今、ブレースを付けて身体を矯正中。この身になって、心の底から強くしなやかな身体の大切さを思い知りました。思い切り、自分の身体の声を聴く体験をさせられている今だからこそ、この企画を心から支援、応援したいと思います。

企画は我が大心友、ロスの雅代ちゃん。元ダンサーの彼女が強く魂を揺さぶられた素晴らしい5リズムズという自己解放の為のダンス、ぜひこの機会に体験してください!!!

光のボディーを目指しましょう☆

Let's dance!!!

d0050616_11375667.jpg
http://www.5rjp.com

【祈りのダンス、動く瞑想 ファイブ・リズム!】

カリフォルニア州にあるエサレン・インスティテュートで出逢った「5Rhythms(ファイブリズム)」
振り付けのないダンスを使って多角的に感情を浄化するメソッドです。
今回、創始者ガブリエル・ロスの娘、ルシア・ホーラン先生(創立者の娘)を呼んでワークショップをする事になりました。

ショックや恐怖などのネガティブな感情は、筋肉や骨に溜め込まれます。
例えば嫌な事があったとき、陰でキックをしたり、パンチをしたりすると
ほんの少しスッキリした経験はありませんか?
それもストレスを筋肉にためない方法の一つです。

それを5つのリズム、部位、感情、呼吸などから多角的にアプローチ。
トータル的な浄化になり、自分のセンターと繋がる。。。
しかもめちゃくちゃクールな音楽にのせて。

踊れる方も、踊れない方も、若い娘もオヤジさまにも。。。
他人のためではない。皆が自分のために踊る。
形のない動きで、自分の枠を完全に取り払う。

頭で考えるのではなく、マインドを体に落とし込む。
自分と向き合う事を、思考ではなく、身体で受け止める。
そんなメソッドのファイブ・リズムは、魂の神殿である肉体に捧げるオマージュ。
そして、祈りのダンスでもあります。

アメリカのクラスでは19才から80才以上のかたまで。
時に車いすの人も参加し、それぞれの形で一緒に踊っている図は感動的でさえあります。

特に人をケアして自分が疲れに気付かない方(医者の不養生タイプ)、
人を指導したり、癒したりする方、
ストレスを貯めやすい方、
完璧主義者の方にうってつけのメソッドです。

一人でも多くの方にご参加いただきたいです。
また、興味のありそうな方に転送していただけたらすごく嬉しいです。
 3/27(日曜日)
 午後1時~6時まで。
 新宿村スタジオS館(新しいほうですのでご注意下さい)
 25st集合、13stにて実技
 参加費 15000円
 お申し込みは join5rjp@gmail.comまで

 詳細は http://www.5rjp.com
 体験者の声も、是非お読みくださいネ!


会場でお会いできますことを心よりお待ち申し上げております。

[PR]
by serendip888 | 2011-03-06 11:42 | お知らせ