ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Miracle in New York

d0050616_8124582.jpg
ニューヨーク・インディペンデント映画祭に出品されたドキュメンタリー映画「Switch」観賞と「1/4の奇跡」「天から見れば」の映画監督、入江富美子さんこと、ふーちゃんのへそ道ワークショップ参加の為に週末はニューヨークへ。今回は初めてマンハッタンの対岸にあるニュージャージーのホテルに泊まりました。ここからハドソン川の向こうに見えるマンハッタンが絶景で、街周辺もとても奇麗なよい場所でした。そのホテルのエレベーターで日本人の方々に遭遇。普段はあまり話しかけないのだけれど、何気なくお声を掛けたらなんと、福島から総勢140名でいらしたお母さん合唱団の方々で、今晩カーネギーホールで合唱されるとのこと。その日は一日ワークショップなので行けなくて残念です、そして頑張ってください!とエールを送ってお別れしました。

その後、へそ道ワークショップ。そこには元ニューヨーク在住でシャスタに移住したソウルシスターちはるちゃんがいました。明日の朝シャスタに帰るという忙しいスケジュールの中、やはりこの機会を逃さず参加したちはるちゃんもおへそで生きている。

そしてワークショップも終焉に向かう頃、突然「ねえ、みさおさん、今福島から合唱団が来ていて」と言うではありませんか。「えっ、私今朝その人達とホテルのエレベーターであったよ!」ちはるちゃん「私チケット持ってるんだけれど、みさおさん行かない?今、なんとなくみさおさんにあげなさいと声がしたんだよね」と。シャスタに移ってからますます感度が冴えているちはるちゃんからの驚くべきオファーでした。開演には間に合わないけれど、後半は大丈夫だから、ということでワークショップ終了後、急遽タクシーを飛ばして駆けつけました。
d0050616_81433100.jpg

遠く海外に住む私にとって震災は遠くで起こったことのように感じてしまうけれど、日本人として人間として常に心に福島への思いがありました。日本人の丁寧さ、奥ゆかしさ、謙虚さ、その中の強さを感じさせてくれる演奏でした。私にとっては初カーネギーホール!それがこういう形で体験出来て、一生忘れられない思い出の一夜になりました。
d0050616_8151471.jpg

その後、福島のお母さん達にもう一度お会い出来たらぜひ一言お礼が言いたいなあ、と思っていました。やはり次の日の朝もエレベーターで遭遇、気持ちをお伝えすることが出来ました。そして最後の夜もホテルに帰る電車の中で。ホテルまでの帰り道が分からないということで、ご一緒させて頂きました。今回の旅は冥途への土産です、という福島のお母さん達に、遠い海外でお会い出来たこと、少しでも感動をお伝え出来たこと、少しでもお役に立てたこと、本当にうれしかったです。

暗い夜道を、さあ、光の場所はこちらですよ、と道案内をさせて頂くことが私の天命ならば、この夜、福島のお母さん方とホテルまでの夜道をご一緒出来たことは、私にとって天から頂いた大きなギフトでした。
d0050616_8153871.jpg

スイッチ、オン!の旅。
[PR]
by serendip888 | 2013-10-24 08:16 | 魔法

夕焼け空は魔法のキャンバス。

毎日ホント、驚愕のソラ。今日は天から光の鳥獣が降りて来た!この窓からどんだけ魔法を見せてもらっていることか。天に感謝!
d0050616_453434.jpg

[PR]
by serendip888 | 2013-10-16 05:26 | 独り言

秋深まる。

バーモント州の紅葉。季節の色は心に情緒を運んでくれる。

しっとり、そして、うっとり。
d0050616_731258.jpg
d0050616_7312041.jpg
d0050616_739384.jpg

[PR]
by serendip888 | 2013-10-15 07:40 | 独り言

ニューイングランドの秋

日に日に深まる秋。季節に色があるというのはなんとも贅沢だ。人間は自然界の色を模倣して生活の中にうるおいと共に自然のサイクルを取り入れる。
d0050616_738827.jpg
d0050616_7392844.jpg
d0050616_7395079.jpg

私も秋色ネイルでシックにいってみよ〜♪
d0050616_755107.jpg

[PR]
by serendip888 | 2013-10-11 07:50 | 独り言

ヤマトタケルの空。

昨日のソラ模様。
d0050616_2353263.jpg
d0050616_0215818.jpg
ヤマトタケルが草薙の剣をかざして龍と戦っているような雲だった。なんでアメリカのソラに日本の神話?今、世界中がニンゲンという種の未来の在り方を賭けて戦っているんじゃないだろうか。アメリカ経済、政治もしかり。アメリカ建国の地、マサチューセッツ州にてソラ見て想ふ。

新しい国生みが始まっている。
[PR]
by serendip888 | 2013-10-11 00:06 | 独り言

天使月間。

9月はシャスタツアーに始まって、セドナ、ラスベガス、ニューヨークを旅して来ました。振り返ってみるとひとつひとつの旅は特別に関連はないのだけれど、全ての旅に共通の旅の友がいた。それは大天使ミカエル率いる天使軍団。

シャスタでは天使画家のエレマリアさんのツアーをガイドさせて頂き、ネイルアートのコラボレーションもさせて頂きました。ジェルネイルでベースを作ってその上にアクリルでエレマリアさんが爪の上にそれぞれご縁のあるエンジェルを描いてくれるというスペシャルな企画。私の爪に降臨してくれたのは可愛いラクシュミ女神様(一番手前)でした。
d0050616_6452370.jpg

エレマリアさんとこんなツーショットも(笑)。聖母マリアVS.マグダラのマリア?
d0050616_6512465.jpg
ガイドさせて頂きながらも本当に楽しくてエンジェルパワー全開の弾けたツアーでした^^。

ツアーの後にそのまま直行したのがセドナ。今回は完全プライベートでひとりゆっくりとセドナリトリートを楽しみました。滞在させて頂いたセドナのガイド/セラピストの下野絵里ちゃんの別荘に着いてまずお出迎えしてくれたのがこの子達。
d0050616_6592327.jpg
d0050616_65995.jpg
d0050616_717234.jpg
セドナはこの時期に珍しく雨の多い日が続いて、お陰でミラクルな出会いによって素晴らしいマッサージを受けることが出来たり、虹を見ることが出来たり。これまでセドナは大地の強いエネルギーがちょっときつくて遠ざかっていたんだけれど、やっと私の中で封印が解かれたような自由で楽しい時間でした。

セドナから戻ってまたすぐに飛び立ったラスベガス。友人のお付き合いで、豪華ホテルとショーを楽しんで来ました。ここでもホテル到着時に迎えてくれたのがこちら。
d0050616_7282711.jpg
d0050616_7284170.jpg
ギャンブルには興味がないので、カジノはほぼ素通り。タバコの匂いとギャンブルをする人達のうつろな表情はどうも苦手だけれど、砂漠のど真ん中に虚飾の贅を尽くした街を作ってしまう人間のパワーはやはりスゴイ。

さてさて、その虚飾のワンダーランドから戻って向かったのは我が愛する街ニューヨーク。名付けて「空飛ぶピーターパン月間」の締めくくりの場所となりました。日本からのお客様とお会いしたり友人と食事をしたりセントラルパークを散歩したり、といつもながらのニューヨークの休日。そして今回は以前からずっと行きたかったメトロポリタン美術館の別館、クロイスターズへと足を運びました。ハドソン川に面した緑の木々の中に佇む石造りの美しい建物。ここがマンハッタン?と思わせる静かで荘厳なたたずまいに息を呑みました。そして今回の旅の締めくくりに待っていてくれたのはやはり大天使ミカエル。
d0050616_7535779.jpg
d0050616_7541482.jpg
d0050616_7543191.jpg
どのコーナーにも天使がいるような魔法の空間。

ただただ思いのままに旅をしているようで、本当はちゃんと天から指示が入っているのかもなあ、なんて思う。「高原操」は「高天原に操られている」らしいわ、やっぱり。

☆どこにでも行ける翼をもらった☆
[PR]
by serendip888 | 2013-10-02 08:07 |