ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

神ナビ、日本&ロスの旅(6)

ゆの里〜神戸空港〜米子へ移動!

出雲へ

出雲はその昔、高校時代の修学旅行以来。昨年、60年に一度の遷宮を終えた新しいエネルギーの出雲大社に行ってみたいと思った。そのきっかけを作ってくれたのはやはりシャスタのお客様で出雲出身の美保さん。出雲を守る美保関の名前をそのまま頂いた出雲の神様をこよなく愛する女性だ。そしてもうおひとり、昨年のボールダーツアーに参加された広沢真貴子さん。ツアー終了後に「あたらしい出雲旅行」というガイドブックを出版され、タイミング良くその真新しいガイドブックが私の手元に届いた。これはもう呼ばれてますよね?!激しく。
d0050616_0204837.jpg

米子空港(別名:美保空港または鬼太郎空港)に降り立つと、早速、美保さんが出迎えてくれた。まずは夕食を、ということで連れて行って頂いた先に待っていたのが料亭の個室でのカニづくしのお料理。多分、人生で最初で最後のV.I.P.待遇。。。ありえません、こんなに歓迎して頂けるとは。恐縮千万な思いに溢れた。昼は土砂降りだったという米子地方はおぼろ月夜の優しい夜だった。
d0050616_021565.jpg

翌日はボールダーツアーでご一緒だった孝恵さんが大阪から合流。まず美保さんが案内してくれたのは出雲市甲斐町にある大国主命の第一子とその御母神、八上姫が祀られているという御井神社だった。この神社に嫁がれた若奥様が美保さんのお友達とうことで、お話をお聞きしたりお神楽を上げて頂いたり、由来の3つの井戸を案内して頂いたり、思いもかけない女神エネルギーで幕明けた出雲だった。
d0050616_022372.jpg

そして、いよいよ出雲大社へ参拝。ここでも青空が広がり、大国主命のおおらかで大きな愛のエネルギーを感じた。その後駆け足で岩の神社、天照大神が祀られている日の崎神社を参拝。
d0050616_0275156.jpg
d0050616_0362396.jpg
d0050616_028576.jpg

その夜は御井神社の若奥様が予約してくださった素敵な料亭「無門」へ。またもや特別個室、数が限られているという貴重な在来種の出雲そば等、素晴らしいお料理を頂く。そこで話題になったのが御井神社の先代が書かれた「大助神」という書だった。この書の意味を聞く事無く、先代が亡くなられたとのこと。私は「助」というのは「女」ではないか、ここの八上姫様を現しているのではないか、と思うとお伝えすると、納得されたご様子だった。御井神社も三つの井戸から名前を付けられたと考えられるし、助も女と書くとストレートなので、助としたのではないか。先代は女性神のおおいなる愛と力のエネルギーを現し書として残したかったのではないか。実は亡くなられた先代の命日が2月22日で、私のマジックナンバーと同じという話になり、先代が天から「その通り!」と相づちを打っていらっしゃるように感じた。今まで隠されて来た女性エネルギーが開示され初めていることを強く感じた。
d0050616_0315879.jpg
d0050616_0381772.jpg
d0050616_030859.jpg

不思議なのは、御井神社、日の崎神社等を巡った後に、車で出雲大社を通りすがる時、なぜか出雲大社の大鳥居が昼に見たより小さく感じた事。八上姫や天照大神の女神の放つエネルギーのなんと大きなこと!今や女神エネルギーが大きく動いている。

その夜は松江の老舗旅館に泊まり(お部屋の名前は私が屋号に使っている「あやめ=アイリス」でした!)、翌日は美しい城下町を船巡り。その後、知る人ぞ知るというような深い森の中にある岩がご神体の立石(たていわ)神社、広沢真貴子さんオススメの須賀神社、船通山等を通って米子空港へ。盛り沢山のスケジュールで夕方の札幌行きの便に間に合うかどうか、はらはらどきどきしながらの出雲の神様巡り。いよいよ空港へと向かう私達の車の前に一台のとろとろと走る車が、、、。ああ、お願いもっと飛ばして〜!と叫ぶ中、その車のナンバープレートを見ると「3939」。誰かが、「あっ、神様がサンキューサンキューとお礼を言っている!」と。「そう言えば!(今通っている地域の)この山はイザナミ様が眠っていると言われている比婆山です」。なんとイザナミ様からお礼を言われるとは!!と一気に神ナビモードに切り替わる。もう間に合わなくても大丈夫。全ての道は神ナビと共にあり。

はい、結局、素晴らしいタイミングで間に合いました。

出雲の美しい自然、神話と共に暮らす人々の原風景、出雲の神々の力強さ、優しさ、おおらかさ。ああ、日本は大丈夫なんだ、という安堵感のような思いが溢れた。

もう一度、全ての道は神ナビと共にあり。
d0050616_0424447.jpg
d0050616_0423097.jpg
d0050616_0421225.jpg

[PR]
# by serendip888 | 2014-08-03 00:43 |

神ナビ、日本&ロスの旅(5)

続いてまいります。奇跡のお湯へ。

高野山の麓、ゆの里温泉

翌日はふ〜ちゃんに誘って頂いて、和歌山県のゆの里温泉で一泊。ここはもう本当にスペシャルな温泉で、言葉に尽くせない程の癒しの体験だった。到着後すぐに「何処よりも一番美味しい」というふ〜ちゃんオススメのお好み焼きを頂き、その後お風呂へ。フェイシャル、マッサージを楽しんだ後に、ゆの里温泉の専務さんからここに癒しの温泉が湧き出たという不思議なお話を聞かせて頂いた。金水、銀水、銅水が湧き出るまでのミラクルなストーリーは弘法大師の時代から果てはシャスタでのUFO遭遇へと展開し、時空を超えての軌跡=奇跡のお話だった。夜はこの温泉を掘り当てた主人公である80歳になられる社長さん(専務さんのお母様)もご一緒頂いての会食会。この場所に人を癒す温泉を作る、という信念のもとに千メートルも掘り進んだ事、その後もうお湯は出ないのではないかとあきらめかけた時にこの地に地震が起こったこと、それを神のメッセージと受け取り、更に掘り進んで、いよいよ無菌のお湯を掘り当てたこと。パワー溢れる社長さんのお話は、ゆるぎない意思は神の思いを通す、と言う事を教えてくれた。逆に神の思いを通すには100%の内なる神とのコミットメント、信頼が必要なのだということを。
d0050616_03899.jpg
d0050616_033296.jpg
d0050616_045793.jpg

この不思議なお湯をさりげなく温泉&宿泊施設として運営する謙虚な姿に心から感銘を受けた。癒しとは、さりげない優しさ、思いやりの心の中で最大限に起こるのだと思う。ふ〜ちゃんがこの場所を大切にする理由が心から納得。

難波駅から電車で1時間、ぜひオススメのパワースポットです!!
[PR]
# by serendip888 | 2014-08-03 00:04 |

神ナビ、日本&ロスの旅(4)

大阪〜姫路城

伊勢から大阪入りして2泊。大阪では大好きなふ〜ちゃんが待っていてくれた。9月のへそ道シャスタツアーでお世話になるスペックさんの事務所にご挨拶して、ふ〜ちゃんお気に入りのレストランで二人でお食事。梅田の夜景を眺めながら、美味しいお食事と楽しい会話が弾んだ。シャスタへの思い、へそ道への思い。昨年秋にニューヨークでふ〜ちゃんのへそ道ワークショップがあると知った時、ちょうど同じ時期にシャスタガイドのお話が入って来た。いつもならシャスタを選ぶ私のアンテナはニューヨークを選んだ。オラクルカードの「黄金の扉が開く」というメッセージが後押ししてくれた。そして、やっぱりその先にシャスタが続いていた。へそ道+シャスタは私にとってまさに黄金の扉のその先にあった。そんな思いをふ〜ちゃんと熱く語れた時間は私のその思いを更に熱くしてくれた。
d0050616_23554968.jpg

しかし、20年以上前に4年間住み慣れた関西、毎日通勤で通っていた梅田もすっかり都市開発が進みおしゃれになっていてびっくりの浦島太郎状態!!
d0050616_23563593.jpg

翌日は時差ボケか早朝に目が覚めてしまったので、足を伸ばして姫路城見学。NHKの大河ドラマ「軍師官衛兵」の影響か(笑)。日本で初めて世界遺産に選ばれたという建物だけあって、白塗りのとても美しくスタイリッシュなお城だ。その白く美しい姿は山で例えればシャスタに似ている。姫路という名前からも女性性を強く感じるお城だった。天守閣は来年4月まで改装中とうことで、大きなクレーン車で囲まれていたが、こんな姿を見れるのも今回だけかも、と思うと、これも貴重な体験だった。
d0050616_23565429.jpg

[PR]
# by serendip888 | 2014-08-02 23:59 |

神ナビ、日本&ロスの旅(3)

いよいよ本番、神ナビ日本。伊勢神宮へ。

昨年夏にシャスタをガイドさせて頂いて以来、魂のお姉様と慕うN子さんと品川駅で待ち合わせて伊勢神宮へ。N子さんは世が世ならきっとお姫様だったに違いないと思わせる透明で魂の美しい心優しき女性。シャスタへは姉妹でいらして頂き、いつもはピーターパンの私がN子さんご姉妹を案内しているうちにいつの間にか「姫」エネルギーに溢れたという不思議な旅だった。その旅以来、N子さんは私を「操姫」と呼んでくださるのだ。そして偶然にも私が伊勢に行く度にお世話になっている岩戸館という旅館がN子さんの定宿でもあるということで今回ご一緒させて頂いた。
d0050616_1453927.jpg

伊勢神宮を案内してくださったのはN子さんの友人で、伊勢の氏神様である宇治神社の神職をされている美濃部さんという女性だった。女性で神職というのは珍しく、しかも美濃部さんは一般の家庭で生まれ、何のつても無いまま、不思議なご縁でこの神社の神主さんになられたとか。「私は神道界のジャンヌダルクです」と仰る。今の日本人が神様に祈る姿勢を正したいという強い信念を持った方だった。美濃部さんの特別な計らいで外宮、内宮とお参りさせて頂き、今回は正式参拝もさせて頂いた。通常は入れない敷地内の駐車場も美濃部さんの「職員です」という一言でフリーパス。
d0050616_1462390.jpg

夜は「ここのシェフは魔法使いなの」という美濃部さんお気に入りのフレンチレストラン「シェ・アン」での美味しいお食事。その夜は岩戸館に泊まり、翌朝は二見輿玉神社にも参拝。のっけから特別待遇でのお伊勢参り、シャスタのご縁はやはり強力!
d0050616_151633.jpg

宇宙神社、シャスタが繋ぐご縁の凄さを体感した。
d0050616_1465534.jpg

[PR]
# by serendip888 | 2014-08-02 01:51 |

神ナビ、日本&ロスの旅(2)

せっかく日本に行くのだから、とスケジュールを立て始める。まずは外せないお伊勢参り、そして今回は昨年遷宮を終えた出雲も気になる。ずっと行きたかったシャスタファミリーの集う札幌も。自分のアンテナの赴くままに大まかなスケジュールが決まり、後はその時ご縁のある出会いに導かれるまま。結局、日本への出発前に2週間半のスケジュールはほぼぎっしりと埋まってしまった。

大丈夫なのか?自分。気力はあるけど、体力はちょっと自信がない。でも、もうすでに弾丸神ナビツアーは幕を切ってしまった。

体力を温存すべく、フライトはロス経由。まずはボストンからロスに飛んで、空港近くのEmbacy Suitesで一泊、部屋も広くなんだかリゾートっぽくて、これからの長旅を前にしてリラックス出来た。帰りはロスで5泊の予定。その間のスケジュールはまだ何も立てていない。久しぶりにロスの海岸線でもドライブしてゆっくりしようかな?
d0050616_121220.jpg

そしていよいよ成田到着。まずは品川プリンスにチェックインして、姉と合流。翌日は二人で近場の大江戸温泉物語という大浴場で遊ぶ。やっぱり日本のお風呂は最高です!!
d0050616_118244.jpg

人間界というのはなかなかひねりが入っていて面白いなあ、と思う。家族という社会の縮図で生き方を学ぶのだが、これがなかなかやっかいで、からまった糸をほどくような心の作業だったりする。私は小さい頃から傍観者として家族を眺めて来たようなところがあって、両親を看取ってからは姉の人生をそっと見守り続ける小さな人だった。人の心は変えられないから自分がどう生きるかで誰かの心を明るく前向きに出来たらうれしい。私にとって姉は私をそんな人間に育ててくれるための存在なんだろう。久々に一緒に過ごせて前よりもずっとポジティブに生きている姉の姿が嬉しかった。

出だし、好調。一番苦手な宿題をまずは終えたような気分です(笑)。
[PR]
# by serendip888 | 2014-08-02 01:22 |

神ナビ、日本&ロスの旅(1)

呼ばれたからか、行くと決めたから天が動いたのか、どちらにしても凄い旅だった。ロス経由で日本に3週間の旅、一日たりともミラクルが起こらない日は無く、神ナビは続く。旅から戻って改めてその軌跡=奇跡を辿ってみたい。ミラクルを生きると決めたらもうミラクルしか起こらない、その確信を天から授かった旅だった。

一本のミュージカルから。
去年、ボストンで友人を通して知り合った石飛なつみさん。彼女の言葉で今回の日本行きを決めた。「私の家の家業はミュージカルなんです」「えっ、どういうこと?!」と興味をそそられて、なつみさんの話を聞く。叔母さまやお母様が音楽座ミュージカルというオリジナルのミュージカルを興行する劇団を運営しているという。その劇団の演目の中で、なつみさんが一番好きなものが「泣かないで」というミュージカルだという。遠藤周作さん原作「わたしが棄てた女」、そのミュージカルの完成度の高さに原作者の遠藤周作さんは絶賛されたという。なんだかともかくそのミュージカルが観たくなった。「次回再演する時は絶対観に行きます。」となつみさんに宣言した。そしてその後すぐに今年の6月に再演が決まったとの連絡が入り、約束通り、ミュージカルを観る為に帰国することを決めた。

その旅が導いてくれた神ナビの日本。伊勢神宮、出雲大社、北海道神宮、行く先々で出迎えてくれたのはシャスタでご縁を頂いたたくさんの友人、そして神ナビが繋いでくれたたくさんの人達、場所。毎日がミラクルの連続だった。

日本とロスへの旅を終えて、あの一本のミュージカルが今回の旅の全てを束ねていた神ナビの第一歩だったことを知る。そこに更に驚くべきシンクロが待っていた。

神ナビ日本&ロスの旅、旅行記続きます。
d0050616_0274462.jpg

[PR]
# by serendip888 | 2014-08-02 00:32 |

神ナビ、旅行記連載します☆

早いもので今日からもう8月!ブログ更新を怠っていてすみません。ニューヨーク〜シャスタツアーで3週間の旅から一昨日ボストンに戻りました。6月の日本〜ロサンゼルスの旅からずっと続いている神様ナビゲーションの旅、ほんとうに凄いです!!Facebookに一連の旅行記を載せていますが、Facebookをされていない方達の為に、こちらのブログにも連載していきますので、ぜひ見てくださいね☆

もうほんとアメージング/神ナビ人生です☆

ところで、サンフランシスコで久々、金髪になって帰ってきました。ファンキーです(笑)。
d0050616_042014.jpg

[PR]
# by serendip888 | 2014-08-02 00:08 | 独り言

近況

お久しぶりのブログ更新になってしまいましたが、満開の桜もピークを迎えたボストンの春を楽しんでいます。
日本からちょっと遅れの春爛漫☆

今月末からの日本、そしてその後のニューヨーク、シャスタの旅に向けて、準備もラストスパートに入りました。

桜のエネルギー充分に浴びて、がんばろう。
d0050616_5102239.jpg

d0050616_513725.jpg

d0050616_519163.jpg

[PR]
# by serendip888 | 2014-05-06 05:25 | 独り言

新ウェブサイトが出来ました。

ボストンもやっと春めいて来ました。でもまだ少し肌寒く、木々の芽吹きももう少し先のようです。日本の桜の様子がFBに満開のごとく流れ、ああ、とため息が出たり(笑)。春よ、こい、早く、こい、と願うばかりです。

さて、そんな4月始め。長年運営していたウェブサイトを管理上の不具合から契約解除することになりました。長い間放置気味だったので、あまり何も考えずにサクッと止めたら、当然ながらウェブサイトもネット上からサクッと消えました。一応、ツアーのお知らせとか時折アップデートしてお問い合わせも頂いていたので、何も無いのはまずいだろう、と思い立ち、即座に新しいサーバーを確保。ウェブデザインツールを使い、新たにドメイン名まで作って、あっという間に新しいウェブサイトが出来ました。いやあ、昔と違って今は簡単にこちらもサクッと出来ちゃうんですね、技術の進歩にびっくりしています。しかしながら、安いサーバーということもあり、ダウンロードに時間が掛かるのが玉に傷ですが。

以下、新ウェブサイトのアドレスです。表示に時間が掛かるかもしれませんが、どうぞご覧になってくださいね!

春、新しいスタートです。

Journey for soul
www.iloveshasta.com
[PR]
# by serendip888 | 2014-04-10 22:23 | お知らせ

北海道リトリートのお知らせ

6月の日本への帰国時に札幌で以下のリトリートを開催します。天使画家のエレマリアさんや札幌在住の素敵なシャスタファミリー達とのお楽しみいっぱいのコラボレーションです。

「札幌がいちばん札幌らしい」一年で一番の輝きの季節にお会いしましょう☆
d0050616_612814.jpg

参加費:
現地集合ホテル宿泊付き(2人1部屋)48,000円
現地参加ホテル宿泊無し 32,000円

リトリート内容:
1.エンジェリックジェルネイル
2.エンジェリックメイクアップレッスン
3.ライアー演奏付き天使の瞑想
4.オーガニックランチ@青い空流れる雲
5.パワースポット巡り/北海道神宮参拝
6.Angelic girls night out

宿泊ホテル:札幌パークホテル http://www.park1964.com/

参加費に含まれるもの:
1〜6アクティビティー、ホテル宿泊費、朝食2回、昼食1回

集合:6月8日午後2時、札幌パークホテルロビー
解散:6月10日午後3時、札幌市内

定員:6名(最小遂行人数2名)
お申し込み期限:4月24日

お申し込み/お問い合わせ:高原操 misaot@gmail.com

詳細はこちらをご覧ください。
[PR]
# by serendip888 | 2014-02-28 06:29 | お知らせ