ブログトップ

虹の向こう側

shasta.exblog.jp

人生はマジカル・ステップ・ツアー☆(1)

突然、「白山比咩神社に行きませんか?」と誘ってくれたのは作家の佐伯紅緒ちゃん。「どうもスピリチュアルな旅になりそうなので」と。そう聞いて、「あっ、行く!」と咄嗟に手が上がった。ああ、この感覚、シャスタの時と同じだな、とふと思った。そして、白山への旅をナビゲートしてくれたのは紅緒ちゃんのお友達で俳優のいしだ壱成君。海外に長いので、俳優としての壱成君をよく知っていたわけではないけれど、壱成君には以前からぜひ一度お会いしたいという思いがあった。本名、星川一星くん。私の愛読書であった「ベーリンジアの記憶」の作家、星川淳さんの甥御さんで、屋久島育ち、そう聞いた時にきっとご縁があるような気がしていた。実際にお会いした壱成君は予想以上にキラキラと透明感のある素敵なオーラの人だった。なにしろ、優しい、それでいて野生児、自由人。その理由は彼が最近出した「NO 原発、ONE LOVE!」という脱原発のメッセージをテーマにした自叙伝を読んで納得した。彼は小さい頃から筋金が入ったエコロジストの生活を体験し、その後、芸能界の生活の中でたくさんの苦労をして、自分でものを考え実行出来る自立した大人に成長した。

そんな壱成君と、一緒に旅をするといつも刺激的で楽しいことが起こる紅緒ちゃんと。一体、白山比咩神社に何が待っているのか、行く前から超エキサイティングな魔法の旅の予感!
d0050616_1485113.jpg

まずは白山比咩神社目指して石川県小松空港へ。4月16日の私のお誕生日に日本へ出発、翌日には羽田から小松に飛ぶというスケジュール。「どうせ日本に行くなら伊勢神宮にもぜひ!」という私の希望を入れてもらい、その後の予定が旅の直前になってどんどん決まる。白山、鎌倉、伊豆高原、伊勢を正味8日間の日本滞在でこなすという弾丸スケジュールになってしまった。

それも今思えば、全ては順序通り。題して「マジカル・ステップ・ツアー」の始まりだった。
[PR]
by serendip888 | 2012-05-01 22:00 |
<< 人生はマジカル・ステップ・ツア... 心に歌を取り戻せ! >>